FC2ブログ

ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

◆LE MANZANE VENDEMMIA SOLIDALE PROSECCO

SOLIDALEPROSECCO2020.jpg

■3年ぶりに輸入 VENDEMMIA SOLIDALE PROSECCO
      EXTRA DRY LE MANZANE 3月22日START



2017年のマンザーネの収穫に私が行ったことを覚えている方はいらっしゃるでしょうか?笑
毎年、開催されるマンザーネの収穫祭は、一般の方の参加を募り、
参加費の収益を毎年様々なチャリティーに寄付する、VENDEMMIA SOLIDALEとして
開催されます。
2020年はロックダウンの為、イベントの開催は見送られましたが、スタッフで収穫したブドウで
タンク1つ分のPROSECCO EXDRYを仕込み、このワインの販売収益を
地元トレヴィーゾの医療関係者へ寄付することとなりました。
アルトリヴェッロも少しでは在りますが、購入させて頂き、仕入れ価格+1ユーロ分を
上乗せで、現地医療関係者へ。そして、売り上げから1本あたり¥100-を
日本医師会へ寄付させていただくことに致します。
発売は3月22日からを予定しています。限定480本のみですが、
皆様のご予約をお待ちしています。
http://www.altolivello.jp/pdf/solidaleprosecco2020.pdf


159217928_3608889245826526_4802787330772953448_o.jpg
3月10日に地元トレヴィーゾの医療機関に寄付されました!
  1. 2021/03/12(金) 13:44:52|
  2. 輸入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■CHARITYROSE2021


■あれから10年。まだまだ継続します。CHARITYROSE 2021

charityrose2020-12.jpg

2020年7月から12月までのロゼワインの売り上げから
¥133,943-を、みちのく未来基金様へ寄付させていただきました。
多くの皆様のご協力、感謝いたします。

間もなく10年を迎えるCHARITYROSE
ここで、改めてCHARITYROSEの趣旨を記したいと思います。

思えば、未曾有の事態。と思ったのは、Covidだけではありませんでしたよね。
東日本大震災の時も、「日本は終わった。」と正直思いました。
今よりもさらに肩身の狭かった「ロゼワイン」の拡販を試みて、
数社のインポーターの同志に協力を仰ぎ、ロゼワインだけの試飲会を
渋谷で行ったのが、2011年3月8日
その3日後にあの震災が起きました。
不確定な情報もさらに不安を煽り、あの時も、今のように
ワインの売り込み、なんて、出来る状況ではありませんでした。
せっかく仕込んだロゼワイン拡販の夢も頓挫。。
と諦めかけましたが、被災地の方々や、ボランティアの方々の
諦めない姿勢に心を打たれ。自粛だ何だと言っている場合ではなくて、
ロゼワインを沢山売って、被災地に役に立つような仕組みを作れば
良いんじゃないの?
ということで始めたのがCHARITY ROSEです。
震災遺児の進学支援。という事で、震災の年に生まれた
(実はウチの娘もそうなのですが)
子が大学に上がる事を考えると、最低でも20年間は継続
しなければならない。
という「みちのく未来基金さん」の方針にも
共感しまして、現在も継続して参加させていただいております。
Covid-19により、日本の経済状況も悪化の一途を辿っていますが、
一番最初に影響が及ぶのは、経済的な余裕のない学生さんや
ひとり親家庭です。
若者の未来を潰しては、日本の未来も真っ暗だと思います。
我々も、大変な時ではありますが、この状況下を乗り越え、継続した
取り組みをしていきたいと思います。

引き続き、みんなでロゼワインを盛り上げましょう!

http://www.altolivello.jp/pdf/CharityRose2021.pdf

charitirose2021A.jpg

みちのく未来基金のHP
head_logo.jpg

http://michinoku-mirai.org/



  1. 2021/02/12(金) 14:48:01|
  2. giorgio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オルマンニアンバサダー2020 参加店舗一覧

2020年10月から始まったオルマンニアンバサダー2020の参加店舗


ormanni-top.jpg


各お店でオルマンニのワインをお楽しみください!!

★飲食店
◆北海道
札幌 カンティネッタサリュ
札幌 キオスコ
◆東北
郡山 インコントラヒラヤマ

◆関東
木場 イ・ビスケロ
三田 オステリアラディーチ
飯田橋 スクニッツォ
吉祥寺 オステリア バール ザ パッション
吉祥寺 ヴィッラマニョーリア
恵比寿 CICCI
東中野 ペルバッコ
荻窪 GeneralWarrant
門前仲町 ブカマッシモ
溝の口 ドンカルネーモ
神楽坂 神楽坂アッカ
高円寺 高円寺アッカ
中野 中野アッカ
恵比寿 恵比寿アッカ
恵比寿 イルジェンティーレ
恵比寿 マジカメンテ
西荻窪 LaVolpe
道玄坂 ケスタ ワイン&ブルスケッタ
馬車道 オステリア アウストロ
横浜 アルポルトクラシコ横浜そごう店
吉祥寺 CosiCosi
吉祥寺 やきべ
目黒 トラットリア ラ・バラッカ

◆東海
富士 イルボルゴ
名古屋 ラルーナ・アッズッラ
名古屋 トラットリア・ラ・ムジカ

◆信州
軽井沢 トラットリアリポーゾ 

◆関西
天満 森サンジョヴェーゼ
天満 ECLOCHE
京橋 アンティカ トラットリア クロノ
和泉 トラットリア アルモ
垂水 AeB
北新地 天麩羅とお蕎麦 三輪

◆中国
松江 アルソーレ

◆四国
新居浜 ルミーノ・カリーノ

◆九州
福岡 PercheNo!?
小倉 TORI-BARU
小倉 Bekk
福岡 グリリアディガエターノ

★酒販店・ワインショップ
◆北海道
札幌 はやしや商店

◆関東
三鷹 やまもと酒店
矢口渡 カンティネッタタマガワ

◆東海
名古屋 エノテカラルネッタ
岡崎 ワインセラーウメムラ

◆関西
天満橋 ワイングローリアス
神戸 兵庫酒販
芦屋 ワインハウス センチュリー

◆中国
広島 リカーミトモ

◆四国
松山 リモナディエ
新居浜 ヴィネリア・ルミカリ

◆九州
小倉 古武士屋本店
小倉 古武士屋井筒屋店
福岡 ワインショップ エノコラージュ

お店は随時更新してきます。


rocco.jpg


オルマンニのワインを飲んでプレゼントをGETしよう!

オルマンニアンバサダーキャンペーンの実施中
お店やご自宅でのまれたオルマンニワインの写真を
ハッシュタグ
#ORMANNI2020
#飲んだ(買った)お店の名前
を付けて、SNSにアップしてください。

抽選で5名様にオルマンニのグラス6脚と
オルマンニのワインを6本(銘柄はお任せ)
プレゼントいたします。

ORMANNIのワインを飲んで、年末気分を盛り上げていきましょう!

#ORMANNI2020
#CHIANTICLASSICO
(期間2021年1月末まで)

  1. 2020/10/29(木) 18:01:27|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『伊勢丹新宿店 イタリア展 初出展 @オンライン開催』

    イタリアワインバナー (002)

こんにちは!Ponteです。
Ponteはですね~キムタクと同級生なんです。
そして最近、マツコ・デラックスも島崎和歌子も同級生と知りました。
ご活躍の皆様ですから非常に光栄ですよ!本当に・・
キムタクの車のCMご覧になりましたか? (生き方が)かっこいいですよね。なんでしょう、
あの生き方が人相や表情にでるのって まだまだ私も頑張ろうと思いますよね。
あともう少し図太くてもいいのかなと彼女(?)らを見て思います。

さて、突然ですが、そんな私が、さかのぼること今年の年始、
まだコロナなんてなかった時に(戻りたい・・)立てた目標の1つに
百貨店の催事で人気の高い「イタリア展に出る!」と言うのがありました。
コロナもあり、1つエントリーしていた催事が無くなってしまいましたが
やっとやっと実現できたんです。そしてとうとう開催されたんです!👏\(^o^)/
今回はコロナ禍の中ですのでオンラインでの開催です。
タイトルは・・・・・
『おとりよせして愉しむ「イタリアワイン&リカー」特集』
伊勢丹新宿店イタリア展オンラインはこちら



出展しているインポーターの数は40社! どのワインを買うか迷うところですが
今回初出展のアルトリヴェッロのアイテムではワインセットが2つになります。
◆【G-1】「本と一緒に楽しもう川頭ワイン6本セット」
イタリアワインのエージェントの(一般の方にはまだ認知されていないだろうお仕事ですが)
川頭義之さんの本「イタリアワイナリー最上の24蔵」
掲載されている24軒の生産者でアルトリヴェッロが扱っている生産者は15軒、
その中から選りすぐりの6軒6本を集めたワインと本のついてくるセットです。
実は、本に1冊1冊、川頭さんがサインを書いてくれますよ!
これはもうバイブルになるでしょう~!?
「本と楽しもう川頭ワイン6本セット」はこちらから

◆【G-2】アッビナメントに迷わないロゼワイン6本セット」
ロゼスプマンテ、シャンパーニュ製法(瓶内二次)のスパークリングのロゼと
北から南までの各地のロゼワインの6本セットです。
1年中、ロゼに力を入れているアルトリヴェッロのロゼセット
ロゼほど家庭の料理に合うワインは無いんです。
餃子とロゼでもいいんです 合わせてみてください!
「冷蔵庫には常にロゼを!」ですよ 
「アッビナメントに迷わない!ロゼワイン6本セット」はこちらから

この2つのセットは我ながら本当に「ALTOLIVELLOらしいセット」だと思います。
アルトリヴェッロには百貨店チームなんてありません。もう0からのスタートでした。
なので、娘を嫁に出す心境に近いかもしれません。
普段誇りをもってレストランのソムリエの方に営業しているワインなもんで
たくさんの人に知って頂きたいですし、喜んで頂きたくて選びました。
このセットを注文してくださった方がこれを機に
様々なシーンで「アルトリヴェッロ」のワインを選んで頂けたら嬉しいです。
オンライン上では生産者を取材し4Kカメラで撮影した動画が在ります。
この動画も是非、ご参考にして頂ければと思います。
特にマンザーネの娘ちゃんが超~かわいいです。(冒頭の運転している女性です)


  1. 2020/08/27(木) 19:02:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イタリアワインのA Te!vol.5 Il Mondo del Magliocco

IL MONDO DEL MAGLIOCCO2
はい、GIORGIOでございます。
さて、何とかVol.5まで来ました イタリアワインのA・Te!
国内の感染拡大は、ひとまず落ち着きを見せたものの、まだまだいろいろな意味で不安な毎日が続きます。
それでも、イタリアワインの生産者のため、我々はワインの流れを止めることなく、少しずつでも動いてまいります。

IL MONDO DEL MAGLIOCCO
そうです。今日はマリオッコのお話です。
でたでた、マリオッコ。そうなんです。わたくし、自他ともに認める、年間に”マリオッコ”という言葉を
日本人で一番発しているという自負がございます(爆)
この5年ほどで、日本でも、というか、私の周りの業界の方で、「マリオッコ」という言葉を発しても、
「ああ、ウチの彼女が好きでね。可愛いですよね。フィンランドの…」とか
「北海道土産としては鉄板と思いましたが、最近見ないですよね。」とか
言われることも減り。
「フェッロチントのですよね。」とか、
「マリオッコって、アルトリヴェッロさんでしたよね?」とか
※厳密にはマリオッコはアルトリヴェッロさんのものだけではないのだが。。
随分と認知度が上がってきたものです。
FERROCINTOのワインを初めて日本に入れた2011年には、カラブリアといえば
CIRO DOCのLIBRANDIくらいしか知られていなかったし、実際自分も知りませんでした。
CIROといえば、ガリオッポ種の聖地。
当然、カラブリア州のメイン品種といえば、ガリオッポという認識で、
トスカーナ州のそれがサンジョヴェーゼあるのと同じくらいのイメージを持たれていたと思います。
かたや、マリオッコといえば、それこそLIBRANDIのMAGNO MEGONIOというワインが
在り、というかそれしかなく、
絶滅に瀕していた葡萄をLIBRANDI社が復活させた!的な触れ込みだったと思います。
専門書にも、マリオッコはガリオッポの亜種である。と書かれていたり、実際かなり
情報の少なかった品種であります。

FERROCINTOとMAGLIOCCOのお話
この話はウチのスタッフとか闘うワイン商とFERROCINTOのワインを飲み交わしたことがある方ならば
おそらく、「耳タコ」のような話だと思うので、話は繰り返しになるのですが、FERROCINTOとの最初の出会いは
2010年のVINITALYで、MONCHIERO CARBONE創業者にして、エノロゴのマルコ=モンキエロ氏
(お馴染みフランチェスコ=モンキエロのパパですね)から、半ば強引に
「旨いカラブリアのワインがある。興味あるだろ、付いて来い!」と言われて、カラブリアのブースに
初出展したFERROCINTOのブースへ行ったのが切っ掛けです。

IMG_4614.jpg
左2人がFERROCINTO創業ファミリーのルイージとフェデリコ
中右がパレルモ大学卒で、醸造家のステファノ=コッポラ
右 マルコ=モンキエロ

POLLINO.jpg
ポッリーノ山脈の峰の名前は、FERROCINTOのワインの名前にもなっていますね。

FERROCINTOワイナリーは、カラブリア州北部のコセンツァ県
バジリカータ州との州境にそびえるポッリーノ山脈
1993年に国定公園に認定されたIl Parco Nazionale del Pollino(ポリーノ国立公園)
の麓カストロヴィッラリという街で生まれました。
酪農や果樹園、ワイン用葡萄園を営む農業会社CAMPOVERDEグループのオーナーファミリーであるノラ家と、
カストロヴィッラリでTENUTE FERROCINTOという別荘を代々所有してきた貴族系のサリトゥリ家
の結婚により、サリトゥリ家が代々所有する最高の畑の葡萄でワイン作りを企てたのが始まり。
2001年からプロジェクトはスタートし、パレルモ大学に調査を依頼します。
コンサルタントとしてマルコ=モンキエロ氏、専属エノロゴ、コッポラ氏。が携わりました。
マルコ=モンキエロは、カラブリアに在りながら、標高が高く寒暖差と適度な降雨量がある
この地域にポテンシャルを感じたと言い、このプロジェクトへの参加を決めます。




もともと、カラブリアには1960年代に制定されたDOCが在りました。

CalabriaDOCVecchio.png

右の一番上のピンクのエリアがCIRO DOCです。チロマリーナで有名な沿岸部。当然ここはガリオッポ種の聖地です。
そして、北部コセンツァ県にも7つのDOCがありましたが、DOCとしてワインをリリースしている
ワイナリーは殆ど無く、そして、このコセンツァ県のDOCでも認められている葡萄はCIROと同じガリオッポ種でした。
沿岸部のチロマリーナと、コセンツァ県の標高500m近い山岳地帯でも同じ品種。
土壌調査の結果、晩熟のガリオッポ種は、カストロヴィッラリでは11月まで待たないと収穫が出来ない。
とのことですが、この時期には雨季が来てしまいます。
そこで、さらに調査を進めると、古くからこの地ではマリオッコ種が栽培されていたのだが、州政府の方針で
効率優先のガリオッポ種に植え替えが進んでしまい、気づけばマリオッコは忘れ去られた
「古代品種」とも呼ばれる存在になってしまった。というわけです。
そこで、FERROCINTOのプロジェクトでは、このマリオッコ種を主軸に進めることとし、早速2001年から
植え替えが始まりました。

IMG_6285.jpg

IMG_6280.jpg

IMG_6282.jpg

自然だらけのカストロヴィッラリ

FERROCINTOの在るコセンツァ県カストロヴィッラリは自然の宝庫
2つの海 ティレニア海、イオニア海
3つの山脈 ポッリーノ山脈 シーラ山脈 アスプロモンテ山脈
の影響を受け、独特のミクロクリマを生み出します。
シーラ山脈は冬はスキーもできますし、狼の自然保護区にもなっています!


magliocco-1.png

FERROCINTOの最初の作品 MAGLIOCCO IGP


2007年ヴィンテージから FERROCINTOとして、ワインをリリース。
記念すべきマリオッコ第1号はこのIGPマリオッコです。
このヴィンテージから日本に輸入させていただいているのは光栄なことですが、これはまだプロジェクトの
第一歩でした。
DOCとして認められないマリオッコ種を使っているので当然IGPでのリリースですが
これから数年のマリオッコIGPの実績と、土壌での調査を州政府に報告。
コセンツァ県の産地が一丸となって、新しいワイン作りに向かうための新しいDOPの作成を
提案します。

Terre di Cosenza Bianco
DOP TERRE DI COSENZAの誕生
2011年に、ついに新しいDOP TERRE DI COSENZAが誕生。
コセンツァ県のDOPを統廃合し、TERRE DI COSENZAというDOPが誕生しました。

calabria-dop.jpg

非常にシンプルな図になりましたね。そして、注目すべきはそのメイン品種。
ロッソに関しては、マリオッコがメイン品種として認められ、DOP TERRE DI COSENZAは
マリオッコを中心としたDOPとして生まれ変わったのです。

piramide_sottozone.png

Sottozona.jpg
さらに、広大なTERRE DI COSENZA DOPの中に7つのSOTTOZAONA(サブゾーン)が制定。
FERROCINTOの在る最北部のカストロヴィッラリはPOLLINOのゾーンに属します。

POLLINO ROSSO TERRE DI COSENZA DOP MAGLIOCCO
そしてFERROCINTOもこの2011年から最良の畑の葡萄で作るDOPレンジのワインをリリースします。
サブゾーンの名前が入った
POLLLINO ROSSO TERRE DI COSENZA DOP MAGLIOCCO
です。
世界で初めてのマリオッコ種を使ったDOPワインです。
tdc-rosso-1.png

このようにして、最初のアイデアから10年以上をかけて、やっとマリオッコが世界に向けて発信され始めました。
海のガリオッポ種に対して、山のマリオッコ。
カラブリアという小さな州で、一括りにされがちな事柄ですが、起伏に富んだ地形ならではの
細かい特徴を、今後も伝えていきたいですね。

白ワインもおすすめのTERRE DI COSENZA


今日はマリオッコの話でここまで引っ張ってきてしまいましたが、
白葡萄では、グレコビアンコやマントニコがこの地域の代表品種。
FERROCINTOでは、
IGPのTIMPA DEL PRINCIPE グレコビアンコ&マントニコ
そしてPOLLINO BIANCO TERRE DI COSENZA DOPは、マントニコ100%で作られます。
寒暖差を生かした薫り高く瑞々しい白ワインとして地元ではかなり人気です。

timpa.png
tdc-bianco.png

更なる古代品種の研究
この20年でコセンツァ県でのポジションを確立したマリオッコ。
実は、マリオッコにはマリオッコ=ドルチェ と、マリオッコ=カニーノ
と呼ばれるクローンが有ることが近年わかっています。
そして、間もなく、法律的に別の品種として、それぞれの品種表記が認められるようになります。
そして、FERROCINTOは、コセンツァ県の葡萄農家と協力し、農家に古くから在る葡萄の調査を行い、
200種類にも及ぶ品種を発見したそうです。
そのうちポテンシャルがあると思われる50種の葡萄のクローンを試験農場で栽培、研究をしています。
いつの日か、マリオッコに続く、地場品種が生まれるかもしれませんね。




今回も長々とした文をお読みいただき有難うございました。
今日ののサービスショット
IMG_6361.jpg
左:FERROCINTOの若社長ルイージ=ノラ
右:シチリアの醸造家ステファノ=コッポラ

完全に、確保された宇宙人状態の私ですが。。。
この3人同い年です。。。。(爆)


  1. 2020/06/06(土) 03:53:44|
  2. イタリアワインのA Te!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ