ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

EISACKTALER STRASSERHOF 2018

0222.jpg

STRASSERHOF

取り扱いが始まり3年。
イタリア最北の州、アルトアディジェの中でも限りなく北に位置するSTRASSERHOF。
標高700mと葡萄栽培の限界に近いところまで畑が展開されています。

まだまだ寒い日々が続いていますが
やがて迎える暖かい春へ向けて、寒さに耐えて芽吹く春野菜に合わせたい
STRASSERHOFのワインを改めてご紹介します。


・EISACKTALER SYLVANER
年産8000本。ステンレスタンクで醗酵、25%のみ大樽で7か月熟成。
ストラッセルホフの畑の中では一番樹齢が高く、古い区画は40年にもなる。砂質土壌、標高700mの畑の影響を受け、
酸とミネラルが特徴の繊細な味わいのワイン。
・EISACKTALER GRUNER VELTLINER
年産6000本。ステンレスタンクで醗酵、熟成。
オーストリアの土着品種。15年前から栽培しています。軽快で酸が中心となるワインが多いですが、
ストラッセルホフはそこに果実味が加わりバランスの取れたリッチな味わいに仕上がっています。
・EISACKTALER MULLER THURGAU
年産5000本。ステンレスタンクで醗酵、熟成。
リースリング種とマドレーヌ種の交配種。早熟な品種の為ドイツなどではデイリーワインとしての生産が多いですが
ストラッセルホフでは土壌の特徴を活かした豊かな酸と青りんごなどのニュアンスに溢れたワインとなります。
・EISACKTALER RIESLING
年産6000本。ステンレスタンクで醗酵、25%のみ大樽で7か月熟成。
近年の新しい試みとして始めたリースリング。樹齢10年ほどのレナーノから張りのある上質な酸が生まれます。
若いうちはその酸を生かした用途で、熟成に対するポテンシャルも兼ね備えます。
・EISACKTALER KERNER
年産15000本。ステンレスタンクで醗酵、熟成。
フェルトリーナーと並ぶストラッセルホフの人気シリーズ。この品種の概念が変わります。土壌由来のミネラルと
酸を活かしつつ、フルーティで厚みのあるボディを併せ持っており、粘性も高く高級感があります。
・EISACKTALER GEWURZ TRAMINER
年産4000本。ステンレスタンクで醗酵、熟成。
本来、ライチ、シトラスなど様々なブーケを持つ複雑性の特徴を持つゲヴェルツも、イザルコの特徴と相まって、
ややドライで全体のまとまりがある食前から食中に掛けて楽しめる1本になっています。僅か0.5haのみの生産です。
・EISACKTALER SYLVANER “AnJo”
年産1500本。ステンレスタンクで醗酵、20hlの樽で10か月熟成。
世界的評価の高いシルヴァーネルの最も樹齢の高い区画の葡萄をステンレスタンクで醗酵後、20hlの樽で10か月
熟成させます。両親の名前からAnJoと名付け、恵まれた土地を与えてくれたファミリーに捧げる感謝のワインです。


ヴァッレイザルコエリアに共通している標高の高さと砂質土壌からくる切れのある酸と硬質なミネラル。
そこにSTRASSERHOFのワインは高低差によって収穫時期をずらし葡萄の熟度の均一化する工夫を図り、
品種本来のピュアでクリーンなワインを造ります。
春野菜だけでなく、海産物(あさりやサザエなどの貝類)などに合わるなど、食事との関係性はまだまだ可能性を秘めています。

是非この機会にお試しください!


スポンサーサイト
  1. 2018/01/23(火) 17:49:20|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<FERROCINTO PROMOTION 2017 無事に終了いたしました。 | ホーム | OFFERTA DI LAVORO>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://altolivello.blog33.fc2.com/tb.php/795-bff83f62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)