ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Pre Vinitaly 2017 LE MANZANE

こんにちは。
今年はVinitaly含めて1週間のスピード滞在でしたので、
ヴェネトのワイナリーしかいけませんでしたが、
ConeglianoのLe ManzaneとValpantenaのCorte Figarettoを
訪問いたしました。
取りあえず、写真中心にアップしますね。

5年ぶりに訪問のLE MANZANE
Conegliano市街から車で15分ほどの距離の丘陵地にカンティーナは有ります。

IMG_7632.jpg

IMG_7633.jpg

IMG_7544.jpg
正面の丘陵の地下部分が醸造所になっています。

丁度、4月に出荷のPROSECCO DOCG BRUTをボトリングしているところでした。
日本向けには年間に5~6回ボトリングしてもらい、新鮮なロットを輸入しています。

IMG_7572.jpg

瓶の洗浄
充填
コルク打栓
ストッパー装着
乾燥
キャップシール装着
ラべリング
ケース梱包
までを一つのラインで行います。


IMG_7552_20170421155750e37.jpg
IMG_7555.jpg

IMG_7565.jpg


IMG_7573.jpg




IMG_7575.jpg

IMG_7576.jpg

IMG_7551.jpg

IMG_7580.jpg
IMG_7582.jpg

醸造所のアウトクラーヴィ(耐圧タンク)から出てきたプロセッコは-2℃に冷却された状態で
ボトリングされます。
コルクを打つまでに0.2気圧、気圧が下がるそうです。
打栓後は15℃まで温度を戻して、キャップシール
ラベルを添付して
カートンの段ボールに梱包されます。

IMG_7549.jpg

パレットに積んで、あとは日本への出発を待つのみ。
このロットは6月末に日本に着く予定です。

畑の方では春の選定が始まっていました。

IMG_7589.jpg

IMG_7591.jpg

コネリアーノ地域特有のシルヴォ仕立てのグレラの畑。
ここはまだ3年目の若い畑で、「デジェンマトーラ」という
枝の根元に出てきた芽をはさみで切り落とす作業。
この時期に落とすと、来年以降は出てこなくなるそう。

IMG_7623.jpg
こちらのデビューしたSPRINGO BLUEに使われるRIVE FORMENCの畑。
少し粘土が多い土壌です。


IMG_7627.jpg
SPRINGO BLUE、
SPRINGO BRONZ
2016ヴィンテージは6月に入荷予定です。

Springoflyer-20160714-1.jpg

そして最後に、LEMANZANEから、限定ワイン

MARZEMINO PASSITO 2015

IMG_7636.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/04/21(金) 16:56:20|
  2. giorgio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Pre Vinitaly 2017 FIGARETTO | ホーム | STRASSERHOF(ALTO-ADIGE・VALLE ISARCO)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://altolivello.blog33.fc2.com/tb.php/772-bfc9411d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。