ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

社内試飲会!


Buon Natale!!

少しご無沙汰のカンでございます。
個人的にFacebookにやっていますがさすがに昨日はクリスマス一色でしたね!
仕事終わりに六本木を歩いておりますと
サンタクロースのコスチュームを着た女性がちらほら。。。



。。。




いかんですね。

ちなみに自分は聖なる夜に『寄せ鍋』という全くクリスマス感を感じ取れないものを食しました。

いや、いいんですよ!美味しければ!



さて、そんな話は置いておきまして。

先日行われたアルトリヴェッロ社臨時社内試飲会についてレポートします!

今回(初)は『La Distesa』

10383652_624905164282103_104682811364267183_n.jpg

いや~、開けましたね!
おなじみ『テッレシルヴァーテ』は11年VTから13年VTまでの垂直!
そしてクリュの『リ エレミ』、知る人ぞ知る『ヌル』!
そしてドルチェヴィーノの『99(ノヴェンタ・ノーヴェ)』!
ここまで並ぶと気持ちいいですね!
早速試飲。。。

まずは『テッレシルヴァーテ』
垂直で試飲できる貴重な機会です。

13年:まだ生き生きとヤングな印象、元気いっぱいですね。笑
12年:ちょっと魅力的な感じになってきましたでしょうか、果実のエキス分の濃さが表れています。
11年:厚みがあり飲みごたえのあるヴェルディッキオという印象。酸をまだしっかり感じ取れます。

1人の男性の成長過程を見ているような感じでワクワクしましたね。
ステンレスタンクでの熟成なのでコラード氏の手掛けるブドウの味わいがストレートに伝わってきます。

次に『リ エレミ』
VTは'12年。熟成18ヵ月を施した後リリースされるこの『リ エレミ』は何よりも厚みが違います。
ベースのテッレシルヴァーテでも充分濃い色調なのですが、このワインはさらに深く濃いまるで『夕焼け』のような色調。
試飲してみても程よく肉付けされたボディを感じながら、ブドウの旨味をしっかり感じることができます。

そしてこの時自分も初めて試飲した『ヌル』
トレッビアーノ マルヴァジア ヴェルディッキオというマルケを代表する3種類の白ブドウを使用。
そしてブドウの出来がいい年にしか醸されない、まさに『スーパーマルケ』です。
トノーで醗酵・熟成しているとは思えないほどクリーンでバランスの取れた味わいです。

最後は『99(ノヴェンタ・ノーヴェ)』
イタリアでは珍しいソレラシステムを熟成に採用したパッシートです。スペインのシェリー酒を造る際に用いられる熟成方法ですね。
ソレラシステムと言っても木樽がピラミッドのように重なっているわけではなく、熟成期間が異なる3つの樽をそれぞれボトリングの際に混ぜるとか。
陰干しのブドウの果汁から成る重厚感のある口当たりとどこかフレッシュ感のある飲み口。。。
ついつい飲み過ぎてしまいそうです。笑


そんなこんなで、外回りのお時間。
『あ、急がなければ!』とワインをそのまま出てしまい早1週間。。。

忘れていたわけではありませんよ!汗


改めて試飲してみると、
『あ、美味しい!』

酸が立っていたものは角がとれ、優しいブドウ本来の旨味が前に出てきたような印象、
またバランスの取れていたものは複雑性が出てきてなんだか明日、明後日と日を追うごとに楽しみな感じになってくるなと思いました。


アルトリヴェッロ社の取扱いワインの中でも、『ザ・個性派』のディステーザ。
一度飲めばハマってしまうかもしれませんよ!?




writer SHOHEI KAN






スポンサーサイト
  1. 2014/12/25(木) 13:39:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2014年年末 | ホーム | ■2年ぶりの開催です!! NAGATOSHI NIGHT 2014@三鷹Stories>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://altolivello.blog33.fc2.com/tb.php/705-2c8f2fcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)