ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2013年を終えて

IMG_6286.jpg
あと24時間ほどで、2013年も終わろうとしています。
ALTOLIVELLOとして7回目の年末を迎えるわけですが、
何年たっても波瀾万丈、いろいろな事が起きました。
ワイナリーに関してはスポットを除き、新規のワイナリーは増やさず、
改めて既存のワイナリーの商品と向き合う事を心掛けてまいりました。
お陰様で、創業時からのブランドに関して、再び見直していただく
機会も増えたかと感じております。
派手なことをしなくても、季節感と商品が持つ価値観を
バランス良く継続してご提案していく。
簡単なようで、非常に難しい事ですが、来年以降も心掛けて
行きたいと思っております。
日本国内は、政権主導の経済政策で、高揚感が随分と出てきているようですが、
まだまだ震災からの復興、福島の問題など、不透明な事に溢れております。
円安誘導の政策は、我々輸入業には容赦無い打撃になり、
円高時に行われた輸出関連企業へのへの救済処置も行われる気配はありません。
そんな中迎える2014年。
企業としてこの厳しい環境を生き抜くために、スタッフ全員で
知恵を絞って行きたいと思っています。

顧客の皆様、そして弊社ワインを楽しんでいただいた消費者の皆様。
メーカー、エージェント、取引業者、業界関係者の皆様。
今年も大変お世話になりました。
来年も皆様のご協力をお願いしまして、年末のご挨拶とさせていただきます。
良いお年をお迎えください。

株式会社アルトリヴェッロ 伊東 長敏
スポンサーサイト
  1. 2013/12/30(月) 23:46:37|
  2. giorgio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<●CERVIOLO ROSSO 2008  | ホーム | ■giorgioの南イタリア紀行2013 vol.11>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://altolivello.blog33.fc2.com/tb.php/643-2020977a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。