ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

■giorgioの南イタリア紀行2013 vol.10

さて、一通りカストロヴィッラリのブドウ畑を見てきましたが、
先にも書いたように、CAMPOVERDE社は桃の栽培と加工で
知られる企業で、イタリア中に桃を出荷しています。
訪問した6月にも畑には桃がたわわに実っていました。
桃といってもいろいろな種類があって、日本でよく食べる
白桃から、黄桃、そしてプラムのようなものまで、数十種類の
桃を植えているそうです。

IMG_6311.jpg

IMG_6310.jpg

この辺りは白桃の類ですね。
まだ硬く、収穫までは暫く熟成が必要です。

IMG_6212.jpg
そしてこちらが、桃の選別場。機械と目視でサイズと、良品・不良品を選別します。
桃だらけ。。。

IMG_6209.jpg
あっという間に箱詰めされて、全国へ出荷されます。

IMG_6213.jpg

こちらは、桃のラボ。いち早く減農薬に取り組んだCAMPOVERDE社は、自社の畑や
契約農家の栽培の管理を細かく行ない、残留農薬を始め、土壌や果物の状態を常に
チェックしています。
果物に対する厳しい品質管理が、FERROCINTOのワインの品質管理にも
大きくフィードバックされているんだな。と、納得しました。

趣向品といえども、人間の身体に入るもの。安定した品質のものを選びたいものですね。

FERROCINTOのお話はこの辺で。次回は魅惑のヴィーノドルチェを作る
職人芸ワイナリーを訪問予定です!

つづく

-----------------------------------------------------------------
ALTOLIVELLO FACEBOOKページあります!
www.facebook.com/altolivello.jp
いいね!を押して最新情報のチェックをお願いします。
------------------------------------------------------------------    


スポンサーサイト
  1. 2013/08/16(金) 20:48:16|
  2. giorgio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<モンキエロ・カルボーネ トレビッキエリ! | ホーム | 白金高輪 イタリアン BITTO 郷土料理とワインの会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://altolivello.blog33.fc2.com/tb.php/632-26daef79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)