ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

■giorgioの南イタリア紀行2013 vol.8

IMG_6249.jpg
さて、やって参りました。カラーブリア州、コセンツァ県カストロヴィッラリ。
まあ、間違っても日本人の観光客の方は行かないと思いますが。。。

※と書いたら、先日のカンサイタリーに、「先日行ってたんです。」という
 イタリア好きの方がいらっしゃっていて、かなり驚きましたが。。。

カストロヴィッラリは、カラーブリア州の北端。バジリカータ州との州境にあるポッリーノ山脈の
麓の町です。上の写真の背後にそびえる山々が、標高2,000mを越える
ポッリーノの山々です。
フェッロチントの母体になっているCAMPOVERDEという会社は、
古くから、果樹の栽培・販売。酪農・チーズの製造などを行なってきた
カラーブリアを代表する会社です。
ワイン用葡萄の畑は全体で105haの広さがありますが、
FERROCINTOのワインに使われる畑は、カンティーナの周りの
標高250mの畑ではなく、さらに北に上った標高450m以上の
場所に在るVIGNEと昔から呼ばれた地域に在る別荘の周りに有ります。
FERROCINTOの別荘は、現オーナー、ルイージの母方である
サリトゥリ家が1658年にお城をイメージした別荘を建てたのが始まりです。

IMG_6236.jpg

門構えが凄いですね。
ここを入っていくと、今は結婚式なども行なわれている
TENUTE FERROCINTOが見えてきます。

IMG_6241.jpg

これが、ラベルにも描かれているFERROCINTOのお城です。
現在もルイージの従兄弟であるサリトゥリ家の子孫がこの別荘を管理しています。

もともと、この地域はVIGNEと呼ばれていた場所で、葡萄栽培に適した環境として、
古くから知られていたそうです。
代々所有してきたブドウ畑を、ルイージの父方の家業であるCAMPOVERDEの
プロジェクトとして、
「高品質のPOLLINOのワインを作り出そう。」
という計画が持ち上がったのが90年代後半。
果樹栽培のノウハウは、完璧に持ち合わせているCAMPOVERDE社ですが、
ワイン造りのノウハウは多くは有りません。
「この土地を表現できるワイン造りに必要なもの」を調べる為に、パレルモ大学の
研究チームに土壌調査を依頼。
2002年から2003年にかけて、FERROCINTOの畑の植え替えを
行ないます。
IMG_6248.jpg

4,500~5,500本/ha の密植。
6~7t/ha の収量。
灌漑に頼らず、有機栽培を前提とした仕立て。

すべては、POLLINOの葡萄のポテンシャルを証明する為に、妥協の無い
チャレンジがスタートしました。

IMG_6261.jpg

そして、パレルモ大学の教授にコンサルタントを依頼されたエノロゴ、マルコ=モンキエロ氏により、
醸造責任者に抜擢されたのは、現在35歳のステファノ=コッポラ氏。
醸造学校を卒業後、シチリアやトスカーナのワイナリーで修行を積み、
FERROCINTOのプロジェクトを指揮する事になりました。

当時、この地域にはPOLLINOというDOCが有りましたが、
法律の内容は世界的に有名なCIROと同じもの。
赤ワインにはガリオッポ種の使用が義務付けられていました。

しかし、ガリオッポをこの地域に植えると、11月まで待たないと葡萄が熟さず、
高品質のワインには程遠い物が出来る状況だったとか。
丁寧な土壌調査の結果、

もともとのPOLLINOの土着である

白葡萄は
・グレコビアンコ
・モントニコ

黒葡萄は
・マリオッコ
・アリアニコ

を中心に。更に、この地域のポテンシャルを世界のワインとも比べて
欲しいということで、
・シャルドネ
・カベルネ

も栽培しています。


書き始めるとやはり長くなるな。。。という事で、
カラブリア編が暫く続きます。

つづく

------------------------------------------------------------------
ALTOLIVELLO FACEBOOKページあります!
www.facebook.com/altolivello.jp
いいね!を押して最新情報のチェックをお願いします。
------------------------------------------------------------------    


スポンサーサイト
  1. 2013/07/25(木) 19:56:55|
  2. giorgio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■暑中お見舞い申し上げます。 | ホーム | 7月28日(日) 夏ワインTASTING@三鷹・やまさけ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://altolivello.blog33.fc2.com/tb.php/627-17a335f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)