ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

■giorgioの南イタリア紀行2013 vol.1

さて、かったるくなる前にさくさく書いていこうと思います。
決算月なので、やる事満載なのですが、BLOGは間を置いてしまうと
どんどん気分が乗らなくなってしまうのでね。

今回のイタリアツアーは、大きく3ヶ所の訪問でした。

・シチリア
・カラブリア
・カンパーニア

初期からお付き合いのある皆様はご存知の通り、ALTOLIVELLO社の
スタート時のワイナリーは、一番南はトスカーナでした。
という訳で、どちらかというと北イタリアのラインナップが多く、
南のワインは、イメージが付かないという方もいらっしゃったかと思います。

2010年から、カラブリア州 FERROCINTO
2011年から、カンパーニア州 CANTINE FARRO
2012年から、シチリア州 SCILIO

の扱いが始まりまして、勿論VINITALY等で生産者とは会っていますし、
現地の情報も充分貰っているのですが、流石に現地の空気を肌で感じないと
ますいな。
という事で。今回はこの3軒の訪問となりました。

今回、ミュンヘン経由でシチリア、カターニアに入ったのですが、
見事にロスト・バゲッジ。というか、荷物だけトランジットに間に合わなかったのです。
到着が夜だったので、その後の便は無く、翌日まで我慢となりました。

翌日は、シリオファミリーがカターニアまで来てくれて、
ワイナリーの有るエトナからは離れた、ノートに有る2haのネロダヴォラの畑を
見に行きました。

DCIM1383.jpg
この地域伝統のアルベレッロ(株仕立て)のネロダヴォラ、
素晴らしい眺めです。
ノートとパッキーノの間に有るマッケリと呼ばれるこのエリアは、
アーモンド、オリーブ、トマト、レモンを始めとする柑橘類
の栽培が盛んで、シリオ家も昔は野菜の畑も所有していたそうです。
葡萄に関しては、もともと16-17世紀にアヴォラで生まれたネロダヴォラが、
条件の良いこのパキーノ周辺に広がったと言われており、
このマッケリには
テヌテ セッテポンティのフェウド マッカリや
グルフィのネロ マッカリの畑があることでも知られています。
まさにネロ・ダヴィラの聖地といえます。

DCIM1379.jpg
こちらが、シリオファミリー。
一番右が、現在のオペレーションを仕切るサルヴァトーレ氏。
シリオ家の6代目!
左は5代目のご両親です。1815年からワイン造りを始めたシリオ家。
拠点はエトナに有るので、このノートの畑では専属のアグロノモ管理します。
写真中右の、コッラード氏。
かれこれ15年、シリオ家と働いているそうです。

こちらの畑の土壌は鉄分を多く含む石灰粘土質。
雨が少なく、垣根仕立ての畑では灌漑が必要だが、
昔ながらの株仕立て(アルベレッロ)の畑では
収穫量は少ないが、灌漑がなくても、凝縮した葡萄が収穫できるそうです。
平均樹齢は30年。

夏の時期は昼は32~35℃
夜は20℃くらいだそうで、訪問した日も30度を越えた猛暑でした。
エトナのネレッロより1ヶ月程葡萄の成長が早いそうです。
南からアフリカからの暑い風(シロッコ)と北のエトナからの冷たい風
の影響で、寒暖差が生まれるとか。
畑はビオロジック認定は取っていないが、ボルドー液しか使用しないそうです。

DCIM1384.jpg

ワイナリーの横には小麦の畑が広がります。シチリア名産のセモリナ粉になる麦ですね。
炎天下で、木陰も無いこの畑、1時間もいると、干からびてしまいそうです。
この環境で、凝縮したネロダヴォラが生まれているのですね。

この後、ロストバゲッジの荷物を取りに再びカターニア空港に行ったのですが、
その前にノートの街を少し見学。

DCIM1389.jpg


DCIM1396.jpg

ノートの街はバロック様式の建物で有名な町で、街の各所に17世紀の建物が残ります。
1693年の大地震によって甚大な被害を受けながらも、奇跡の復興を遂げたことで知られ、
当時の流行だった後期バロック様式の建物が再建されたそうです。
2002年に「ヴァル・ディ・ノートの後期バロック様式の町々」として、世界遺産に登録されました。

DCIM1400.jpg
ノートからの帰り道に見えた標識。
AVOLAこそが、シチリアの偉大な葡萄となったNERO D’AVOLAの語源になった町です。

DCIM1372.jpg
カターニア空港で、一日遅れの荷物を引き取って、一路、エトナ リングアグロッサに向かいます。
カターニアの海に沈むを夕日です。

つづく


今日の畑で造られたワイン

TALIA_20130626212819.jpg
TALIA NERO D’AVOLA 
現行:2009
格付け:IGTシチリア
参考小売価格:¥2,800(税別)

------------------------------------------------------------------
ALTOLIVELLO FACEBOOKページあります!
www.facebook.com/altolivello.jp
いいね!を押して最新情報のチェックをお願いします。
------------------------------------------------------------------       




スポンサーサイト
  1. 2013/06/26(水) 21:32:22|
  2. giorgio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■giorgioの南イタリア紀行2013 vol.2 | ホーム | maruの雑記帳 vol4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://altolivello.blog33.fc2.com/tb.php/616-84c6972a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)