ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

ガンベロロッソ大阪&東京

関西営業の渡久地(トグチ)です。

季節の変わり目は体調を崩しやすいと言いますが、
御多分に洩れず、僕も風邪をひいてしまいました。
皆様も十分にご自愛ください。

さて先日10月29日大阪、そして本日11月1日東京で行われました
ガンベロ・ロッソ主催のプロモーションイベントに参加してきました。
ガンベロ大阪ガンベロ東京

10月29日のトップ・イタリア・ワインズ・ロードショー@大阪では
セミナーにも参加してきました。
20121029_151303_convert_20121102223420.jpg
2時間で赤白15種類ずつの計30種類の説明付きのテイスティングは、
少々無理がありましたが、いい経験になりました。

10月31日にはペッケニーノのオルランド氏と
テヌータ・サンタントニオのアルマンド氏を迎え
ピッツェリア・ドーロ恵比寿さんにて
計17種類を飲み比べできる太っ腹なイベントでサーヴィスを行いました。
20121031_221359_convert_20121102223615.jpg
お越しになられた方々の飲みっぷりには感服致しました!!

11月1日のトレ・ビッキエーリ・ワールド・ツアー@東京では、
前日もご一緒したペッケニーノのオルランド氏と共にブースに立ちました。
20121101_110002_convert_20121102223855.jpg
世界一のドルチェットを造るペッケニーノが2004年に満を持して
手に入れたモンフォルテ・ダルバのレ・コステを出展。
レ・コステはなんと購入した翌年の2005年ヴィンテージで
既にトレ・ビッキエーリを取った程のワインです!!

100種類超のワインがある中、もう一度飲みたいと戻ってこられるお客様が多く、
15時30分頃には持ってきたワインがすべてなくなる程の大盛況でした。
※お飲み頂けなかった皆様申し訳ございませんでした。
20121101_112355_convert_20121102230820.jpg
人・人・人で溢れる会場

各イベントに参加させて頂き、たくさんの方々と出会いお話させて頂きました。
本当にイタリアワインを愛されていらっしゃる方と沢山話ができたことは、
有意義な時間を過ごせたと思います。

これから益々ワインが美味しい時期なので、しっかりとイタリアワインを啓蒙し、
一人でも多くのイタリアワインファンを増やせるように日々努力したいと思います。

最後になりましたが、今回のイベントではペッケニーノのバローロを出展しておりましたが、
世界一のドルチェットを紹介して締めくくりたいと思います。

ペッケニーノ
ペッケニーノ

sanluigi.jpg
ドリアーニDOCGサン・ルイージ2011
ステンレス発酵・熟成の果実味をしっかりと楽しめるタイプ。
バランスが非常に優れたドルチェット!!

jermu2006-et_20121102233136.jpg
ドリアーニDOCGシリ・ディエルム2008/2009
南・南西の斜面の5haの単一畑「シリ・ディエルム」で収穫した葡萄のみを使用し、
25hlの大樽にて12カ月熟成。
ボリューム感とエレガントさを持ち合わせた素晴らしいワイン!!

briccobotti2005-et_20121102233137.jpg
ドリアーニDOCGブリッコ・ボッティ2008
ペッケニーノが所有する僅か1haの最高クラスの単一畑「ブリッコ・ボッティ」で
収穫した葡萄のみを使用し、25hlの大樽にて24カ月熟成。
熟成にも耐えうる素晴らしいボディを持ったドルチェットの概念が変わってしまうワイン。
良年のみの生産の為、次のヴィンテージの2009は作っておりません!!

※他に
☆ランゲ・ビアンコ・ヴィーニャ・マエストロ(シャルドネ60% ソーヴィニヨン40%)
☆ランゲ・ネッビオーロ・ヴィーニャ・ボッティ(ネッビオーロ100%)
☆バルベーラ・ダルバ・クアス(バルベーラ100%)
☆バローロ・サンジュゼッペ(モンフォルテ・ダルバのネッビオーロ100%)
☆バローロ・レ・コステ(モンフォルテ・ダルバのネッビオーロ100%)
なども作っております。

まだ、ペッケニーノのワインを飲んだ事がない方がいらっしゃいましたら、
是非とも世界一のドルチェットを体感して頂ければと思います。

お近くのお酒屋さんや、インターネットで検索してみてください!!
スポンサーサイト
  1. 2012/10/31(水) 14:48:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<The Italian Wine Masters 2012 | ホーム | ■10月後半 イベント盛りだくさんです。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://altolivello.blog33.fc2.com/tb.php/590-dfd9fe8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)