ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

VINITALY vol.2 LUCA D'ATTOMA

今日はルカ・ダットマ氏のお話。
LUCA DATTOMA2

一応、初耳の方にご説明すると、
現代イタリアワインを代表する醸造家で、
多くのワイナリーの品質を上げたことで
知られています。
今までコンサルティングをしたワイナリーは
トゥア・リタ/マッキオーレ/ガッリオレ/ポッジョピアーノ
サンジェルヴァジオなどなど・・・・


そして、最近ではトスカーナに自らのワイナリー
「ドゥエ・マーニ」を設立し、自然派のワインを造っております。
弊社扱いのワイナリーではピサのサンジェルヴァジオが
設立当初からルカ・ダットマのコンサルティングを受けています。

そんなつながりで、こんかいのVINITALYで初めて本人に
お会いしました。
しかもルカ・ダットマの主催のパーティーにお呼ばれ!です。


VINITALY2008_030_convert_20080416184857.jpg

場所はヴェネト郊外の小高い丘にあるワイナリー。
アグリツーリズモが併設されています。
各国からの顧客が集まって、会食が行われました。
そして、こちらが「生」ルカ・ダットマ
VINITALY2008_031_convert_20080416181711.jpg


予想とは違い、ユーモアたっぷりの楽しい方でした。
天才醸造家のイメージで、もう少し堅い人かと思っていましたが。。
今回出たワインは、シャンパーニュ以外は全て彼の作るワイン。
VINITALY2008_033_convert_20080416190053.jpg


ここはレストランではないので、ケータリングのお料理との事でしたが。。。

VINITALY2008_026_convert_20080416191237.jpg

全くもって、レストラン以上の内容ですね。

VINITALY2008_027_convert_20080416192232.jpg

付け合せの野菜も旨い!!

お酒も入って、テンションが高くなったルカ。ヴィニタリーのブースでの再会を約束し、
この日はお別れ。。。


最終日に彼のブース「DUE MANI」を訪れると。。。。
VINITALY2008_086_convert_20080416192831.jpg

1本のDUE MANIを手渡され、
2008041619310000.jpg

裏に直質サインを!!
有難うございます!ルカ。
サインの上には
「しっかりサンジェルヴァジオのワインを売れ!!」
と書いてあります。(嘘)

という訳で、今回随分とルカ・ダットマ氏とは親しくなることが出来ました。
彼が新しく契約しているヴァルポリチェッラのワイナリーなど、
将来楽しみなワイナリーもあるでしょう。。。

というわけで、ドゥエ・マーニも美味しいワインですが、
他社さんが輸入しているため、このブログをご覧の皆さんは、是非!
ルカ・ダットマの造るサンジェルヴァジオ「A・SIRIO」2001を
お飲みください。ほどよく角が取れて、上の写真のような
お肉のグリルにピッタリ!!
SANGERVASIO
スポンサーサイト
  1. 2008/04/16(水) 19:47:31|
  2. 輸入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<業務試飲会 implicito | ホーム | VINITALY vol.1 LE MANZANE>>

コメント

ルカ

確かにルカは「厳しい」「硬い」「職人気質」などといった言葉で表現されますよね。でも写真の笑顔を見たら「本当にそうなの?」という印象を受けました。
一方で「若き天才」「若手醸造家のリーダー」とも言われているため、「若い人」と思っていたのですが、思ったより老けて見えますね(笑)。一体何歳なんでしょうか?
  1. 2008/04/16(水) 22:33:34 |
  2. URL |
  3. アマ #wZeLSEnQ
  4. [ 編集]

ルカ

アマさま

いつもありがとうございます。
おそらく現場(畑・カンティーナ)では
厳しい面も出ると思いますが、
ボクの予想では、天才ゆえに
まわりの人間(ワイナリーのオーナーなど)
の理解が得られず、「頑固」なイメージに
なってしまっていると思います。
10年以上契約が続く、マッキオレや
サンジェルヴァジオでは、確実に
結果が出ていますからね。。。
年の頃は、40代後半?でしたかね。。
騒がれ始めた当時は30代だったので
若手でしたが。時は流れますよね。。。。
私もがんばります。。。。
  1. 2008/04/17(木) 10:19:38 |
  2. URL |
  3. giorgio #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://altolivello.blog33.fc2.com/tb.php/55-16f99f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)