ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

Vinitaly Vol.4■テルチッチ マティアズ

IMG_3056.jpg
はい、1年ぶりに会う、テルチッチ夫妻です。日本でも少しずつ認知され始め、はやくもアルトリヴェッロの
戦力ワイナリーとなっております。
今年は、テルチッチにとっても、勝負の年!です。何せ新しいワインが2つ増えました。
しかし、ワインの総生産量は29,000本と、むしろ少なくなったそうです。
5月、6月にベト病が流行ったせいで、マルヴァジアを中心に、葡萄に影響が出たものもあるようです。
春の病気の後は、7月からは暑くなり、健康な葡萄の収穫は非常に良い年となったようです。

試飲したワインは。。。。

■RIBOLLAGIALLA 2008
■VINO DEGLI ORTI 2007
■FRIULANO 2008
■CHARDONNAY 2008
■PINOT GRIGIO 2008
■PINOT BIANCO 2008

■“DAR” PINOT GRIGIO 2008
■“PLANTA”CHARDONNAY 2008
■“SCHEMEN”SAUVIGNON 2008

■MERLOT 2007

まず、2008年についてですが、先述のようにマルヴァジアがベト病にやられたおかげで、
ヴィーノ・デッリ・オルティが出来ませんでした!
これは、ヴィーノ・デッリ・オルティをこよなく愛す私としては、大事件なのですが、
おそらく、1年分のヴィーノ・デッリ・オルティは確保したと思いますので、
そう簡単には無くならない。と思います。
そこで、フリウラーノの単一のワインを造りました。
酸がきれいで、クリーンな印象。飲んだ後に、クリームやナッツの余韻が残ります。
言うまでもなく、美味しいです。(あっ、勿論ステンレス醗酵です。)
2008のワインはどれもボリュームがあり、長熟も可能ですね。


IMG_3053.jpg

そして、クリュの3種ですが、

贈り物を意味するDARは、ピノグリージョの中でも熟成の遅い区画の物を遅摘み。
クリオマセレーション後、ステンレス醗酵。マロラクティック醗酵はバリックで。
遅摘みのせいもあり、非常に濃い黄色をしています。
バリックは2年・3年落ちのもので、7~8ヶ月掛ける。
これは、美味しいです。

この年からシャルドネ100%になったPLANTAは、非常にリッチなワインです。
2005を飲まれた方(もう売り切れましたが。。)は分かると思いますが、
2008も、かなりの完成度のワインです。
ちなみに、2006/2007は造られなかったので、この2008が来るまでは
欠品となっております。

香りを意味するSHEMENは、ソーヴィニヨンのクリュ。
こちらもボリュームと産の高さ、どちらをとっても高級な味わい。
3種類とも、非常に生産者の個性が出ている素晴らしいワインです。

次の日、「バックビンテージがあるから」と、呼び出され・・・
IMG_3099.jpg

IMG_3101.jpg

お勉強です。

■RIBOLLA GIALLA2000
■SAUVIGNON 2002
■CHARDONNAY 1997
■PLANTA2003

リボッラは、まだまだ若く、濃厚で酸もしっかり。
こんなの、東中野のシェフに飲んでもらいたいですね。
ソーヴィニヨンの色も素晴らしかった。
シャルドネは、プランタと命名される前のビンテージのもので、
素晴らしかったですね。
これで、10年後のテルチッチも少しは予想が付きました。

最後に。。。
IMG_3108.jpg
これは、2003だけ造られたスペシャルメルロ。
本当~に素晴らしかったですよ。

ちなみに、クリュの3種は秋に極少量入荷予定です。生産量が1200-1500本程度なので、
ご了承ください。

おまけ・・・・・
おとなりのVDRのワインも全て試飲してきましたよ!
IMG_3111.jpg


スポンサーサイト
  1. 2010/05/19(水) 19:16:22|
  2. 輸入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<■祝4周年&1977ビンテージの会 | ホーム | ■BIOS GARDEN OPEN!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://altolivello.blog33.fc2.com/tb.php/305-36c48968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)