ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

Vinitaly Vol.3■ペッケニーノ

IMG_3045.jpg

今年のヴィニタリーで開催初日朝一で訪れたのは、ドリアーニのペッケニーノ。
実は、昨年のヴィニタリーでも試飲をしていますが、今回はもう少し深いお話を伺いに。。。
このペッケニーノ、日本ではまだそれほどの知名度はありませんが、イタリアでは、「超」有名な
ワイナリーです。ピエモンテ州、ドリアーニという事は、勿論、ドルチェットの生産者で、
サン・ロマーノ/カ・ヴィオラなどと並び、ドルチェットの優良生産者として知られております。
昨年の春に、初めて紹介され、ワインを試飲しましたが、どれも完成度の高い素晴らしいものでした。
2年ほど前を最後に、日本への輸入が止まっている状態で、昨年も「是非やって欲しい」とのことでしたが、
弊社の体力では、そんなに簡単に決めるわけにもいかず。
これほどのワイナリーであれば、きっとすぐに新しい輸入元も決まってしまうのだろうなぁ・・・
と思って、1年間。
「再度試飲をして、検討して欲しい」というオファーを頂きました。




IMG_3049.jpg
ブースの壁にロゴもやっと貼られまして。。。オーナーのオルランド氏です。
ペッケニーノ家は代々このドリアーニで、葡萄栽培をしていたそうですが、
ワイナリーはオルランド氏と、弟のアッティリョ氏により、1994年にスタートしたそうです。
兄が醸造を、弟が畑を担当し、25haの畑(うち3haはバローロのモンフォルテに所有)から
年間90,000本のワインを生産しています。

ラインナップとしては

白ワイン
・LANGHE BIANCO “VIGNA MAESTRO”

赤ワイン
・DOLCETTO DI DOGLIANI DOC “SAN LUIGI”
・DOGLIANI DOCG “SIRI D’JERMU”
・DOGLIANI DOCG  “BRICCO BOTTI”

・BARBERA D’ALBA “QUASS”
・NEBBIOLO D’ALBA “VIGNA BOTTI”

・BAROLO “SAN GIUSEPPE”
・BAROLO“LE COSTE”

味わいの印象としては、骨格がしっかりとしていて、綺麗に果実味が乗ってくるバランスの良いワインです。
勿論、クリュのドルチェットはまだ若いので、非常にタンニンも強いですが、ポテンシャルの高さを
充分に感じることができます。
特に感動したのは、ベースのドルチェット「SAN LUIGI」と畑別の「SIRI D’JERMU」
でしょうか。
シルキーなタンニンが、非常に心地よく、やみつきになります。
改めて、ドルチェットという品種、そしてドリアーニの土地の可能性を感じるワインです。

そして、2つのバローロですが、モンフォルテ ダルバに在る、3haのレ・コステという畑で
造られます。レ・コステは、モンフォルテの中でも最南部の標高400m以上の南向きの丘陵で
石灰の多い、土壌だそうです。
有名どころだと、ジャコモ・コンテルノ/ドメニコ・クレリコ/パルッソ
などが所有している畑としても知られていますね。

勿論、試飲ワインは、かな~り、強烈なタンニンですが、味わい自体は非常に上品です。
上質バローロなので、開くには時間は必要です(笑)

という訳で、この秋のリリースを目指して、
ペッケニーノのアイテムの輸入を開始予定です!!

扱いアイテム、ビンテージ、価格などは、現在検討中ですので、お楽しみに!


スポンサーサイト
  1. 2010/05/08(土) 15:54:50|
  2. 輸入
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<■鹿児島 妙見温泉 石原荘 vol.1 | ホーム | ■ゴールデンウィークのお休みについて>>

コメント

久しぶりに

ペッケニーノ、また日本に入ってくるんですね。しかも御社か扱うとは、嬉しいです!
SIRI D’JERMUは3日目がとても美味しかった記憶があります。確かにポテンシャルはかなり高いですね。
楽しみです。
  1. 2010/05/09(日) 17:31:42 |
  2. URL |
  3. アマ #wZeLSEnQ
  4. [ 編集]

DOLCETTO DI DOGLIANI DOC “SAN LUIGI”

ベースのこれ、近所のオステリアでよく飲みますが、開くまでじっと我慢、、、その後の美味しさは格別です。
クリュのはまだ飲んだ事ないですが、もうそれ以上なのでしょうね。

三日目、、、そうかも。楽しみ♪
  1. 2010/05/10(月) 11:50:17 |
  2. URL |
  3. 呂比須 #PN3RCiSc
  4. [ 編集]

北の大地から書き込みを頂きまして、有難うございます。
「近所のオステリア・・・」で良く飲まれるとは。。
輸入が止まっているだけで、国内ではまだ流通しているところもあるようですね。(他人事のようで申し訳ありません。。。)
クリュのものは、勿論ワインとしては偉大ですが、SAN LUIGIは使い勝手が良く、親しみ易いワインですね。
正式に入荷したら、ラインナップで飲み比べしても面白いと思います。
  1. 2010/05/11(火) 13:37:31 |
  2. URL |
  3. giorgio #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://altolivello.blog33.fc2.com/tb.php/300-eebd40f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)