ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

2014年を振り返って

IMG_7065.jpg

今年もあと2時間ほどで終わろうとしています。
こんばんは、アルトリヴェッロ伊東です。
facebookというものが出来てから、なかなかBLOG更新が
疎かになっていけませんね。
情報の世界も大きく変わっていくこの10年です。
創業7年となる弊社を取り巻く環境も今年は少しずつ変化がありました。
金融緩和に伴う円安基調で、ユーロは6年ぶりに140円台に突入。
一時は150円を突破する勢いでした。
日本におけるワイン市場は2012年から「第7次ワインブーム」
と呼ばれるほどの消費増を遂げているようですが、
基本的には小売り1000円までの低価格帯が主役で、
メインの輸入国は新大陸、及びスペインの一部産地などと
なるようです。
かたや、高級ワインに関しては、超有名銘柄を除けば、各国苦戦を
強いられており、イタリアにおいても、消費者の知識レベルが上がるほど、
著名DOCGが苦戦するという状況になっている。と認識します。
またイタリアの多彩な生産者カラーも影響し、より「個性的」で
「刺激的」なワインを求めるマニアの方も見受けられるようになってまいりました。

それを踏まえまして、アルトリヴェッロとして成すべきことを考えたときに、
やはり、市場動向は踏まえつつも、影響されてはいけない。という事を強く感じた
一年でした。11月のカルチナイアのフランコ氏来日、それに合わせた
CELLOLE GRAN SELEZIONEの発売は、改めてカルチナイアという
蔵のファンの多さと、新しいお客様にも喜んでいただけるポテンシャルのワイナリーだ
という実感を与えてくれる良い機会でした。
他のワイナリーにも同じことが言え、各地のカラーを最大限に発揮するという
スタンスは各生産者共通していると思います。
「彼らの畑とカンティーナでの仕事の結果を日本のワインシーンにマッチングさせていく」
のが我々の仕事。
これを直向きに続けていくことこそが、我々の生きる道だと確信しています。
今年は若いスタッフも増えました。彼らにもこのスタンスを理解してもらったうえで、
私も気付かない「提案」をお客様にしていってくれる事を期待します。
今年も各地域の代理店の酒販店様、飲食店様、そして消費者の皆様に支えられた
1年でした。
ご迷惑をかけることも、まだまだ多いと思いますが、皆さんの期待を裏切らないように、
2015年も「精一杯」やっていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。
最後に、皆様にとって2015年が素晴らしい年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

株式会社 アルトリヴェッロ 
代表取締役 伊東 長敏
スポンサーサイト
  1. 2014/12/31(水) 22:45:53|
  2. giorgio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年越しそば


昨夜、久々にTVをつけたところ
情熱大陸にて神田の老舗蕎麦屋『まつや』の若旦那・小高孝之さんが取り上げられていました。
『老舗っていうのはじいさんや父さんがやってきたことを忠実に守るだけですよ』と小高さん。
時代が変わってもそこに変わらない味があれば不況なんて関係なくて
お客さんは自然に来てくださる、とのこと。
明治17年から続くお蕎麦屋さんのイズムを感じることができました。
普段は21時までの営業ですが大晦日は年越し0時までやられるそう。
『毎年のことだけど大晦日はお祭りですからね』と意気揚々と答える女将さんの笑顔も素敵でした。



そんなことで年末です。

2014年の業務を終え、今このブログを書いているわけですが
自分自身本当に激動の1年でした。
春にこれまでの飲食店から離れ、初めてのワインの営業の仕事を始め、
全く先の話だと思っておりましたが、11月に結婚。
ここまで変化がある1年は今までにありませんでした。

特に仕事面では右も左もわからず
ただ恐る恐るやってみたこの8か月でありました。
助言をしてくださる伊東さん、渡久地さん
フォローしてくださる図師さん。
このお三方を見ていると自分はまだまだおちゃらけたでくの坊だなと思います。
来年こそ、このアルトリヴェッロ社の主軸のひとつとなれればと思います。

そしてこの一年を通してたくさんの方と出会うことができました。
同業他社でも新米の自分に親身になって下さる先輩方
仕事で伺ってもすごくオープンに受け止めて下さる飲食店の方々
ワイン、料理だけでなく勉強させていただいた面はたくさんありました。
中にはプライベートまでご一緒させていただく方もいらっしゃいました。
本当にありがたい限りです。
こうして回りの方に背中を押していただきながら少しずつ前に進んできた自分ではございますが
来年度はその皆様の後押しをよりバネにして
もっと前に進めるよう、より一層努力して参ります。

その中でも『一期一会』

これを大事に歩んでいきます。
前にも書きましたように本当に多くの方に出会えた1年でありました。
来年はどんな出会いがあるのだろう、と今からワクワクしております。
新たな出会いを期待するとともに
いい意味で『変わらない自分』を元にして成長していければと思います。

最後となりましたが
本当にこの一年皆様にはお世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げるとともに、
良い年をお迎えください。


株式会社 アルトリヴェッロ
菅 翔平

  1. 2014/12/29(月) 14:59:34|
  2. kanpei
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年年末

内勤の図師です。
朝の通勤電車もすっかり年末モードになっていて、
通勤特快もガラガラで逆に気持ち悪い感じでした笑


アルトリヴェッロも先週末に年内最後の出庫を終え、
今日で仕事納めです。



2月からアルトリヴェッロでお世話になっていますが、
ワイン業界のことを、右も左も分からない状況で入社して、
様々な方々にご迷惑をお掛けしながらですが、
なんとか、2014年を終えることが出来そうです。

そして、たったまだ10ヶ月ですが、たくさんの方々にお会いできました。
伊東さん、渡久地さん、菅くん、3月までお世話になった丸山さん、
川頭さん夫妻、
生産者では、
2月にはサンジェルヴァジオのルカさん、
11月にはカルチナイアのフランコさん、
他にもここには書ききれないくらいの方に出会えました。
来年はもうちょっと積極的にコミュニケーションを取っていけるようがんばります^0^


2014年に出来なかったことを2015年は出来るようにチャレンジできる年にしていきます!
まだまだ新米ですが、来年はもっと成長できるよう日々、努力していきます。


体重は成長しないようにします・・・
お正月は本当に怖いです(体重的に)


それでは良いお年をお迎えください。
僕は明日、ビックサイトの戦争に行ってきます。
DSC_0177.jpg
  1. 2014/12/29(月) 14:31:21|
  2. ずし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

社内試飲会!


Buon Natale!!

少しご無沙汰のカンでございます。
個人的にFacebookにやっていますがさすがに昨日はクリスマス一色でしたね!
仕事終わりに六本木を歩いておりますと
サンタクロースのコスチュームを着た女性がちらほら。。。



。。。




いかんですね。

ちなみに自分は聖なる夜に『寄せ鍋』という全くクリスマス感を感じ取れないものを食しました。

いや、いいんですよ!美味しければ!



さて、そんな話は置いておきまして。

先日行われたアルトリヴェッロ社臨時社内試飲会についてレポートします!

今回(初)は『La Distesa』

10383652_624905164282103_104682811364267183_n.jpg

いや~、開けましたね!
おなじみ『テッレシルヴァーテ』は11年VTから13年VTまでの垂直!
そしてクリュの『リ エレミ』、知る人ぞ知る『ヌル』!
そしてドルチェヴィーノの『99(ノヴェンタ・ノーヴェ)』!
ここまで並ぶと気持ちいいですね!
早速試飲。。。

まずは『テッレシルヴァーテ』
垂直で試飲できる貴重な機会です。

13年:まだ生き生きとヤングな印象、元気いっぱいですね。笑
12年:ちょっと魅力的な感じになってきましたでしょうか、果実のエキス分の濃さが表れています。
11年:厚みがあり飲みごたえのあるヴェルディッキオという印象。酸をまだしっかり感じ取れます。

1人の男性の成長過程を見ているような感じでワクワクしましたね。
ステンレスタンクでの熟成なのでコラード氏の手掛けるブドウの味わいがストレートに伝わってきます。

次に『リ エレミ』
VTは'12年。熟成18ヵ月を施した後リリースされるこの『リ エレミ』は何よりも厚みが違います。
ベースのテッレシルヴァーテでも充分濃い色調なのですが、このワインはさらに深く濃いまるで『夕焼け』のような色調。
試飲してみても程よく肉付けされたボディを感じながら、ブドウの旨味をしっかり感じることができます。

そしてこの時自分も初めて試飲した『ヌル』
トレッビアーノ マルヴァジア ヴェルディッキオというマルケを代表する3種類の白ブドウを使用。
そしてブドウの出来がいい年にしか醸されない、まさに『スーパーマルケ』です。
トノーで醗酵・熟成しているとは思えないほどクリーンでバランスの取れた味わいです。

最後は『99(ノヴェンタ・ノーヴェ)』
イタリアでは珍しいソレラシステムを熟成に採用したパッシートです。スペインのシェリー酒を造る際に用いられる熟成方法ですね。
ソレラシステムと言っても木樽がピラミッドのように重なっているわけではなく、熟成期間が異なる3つの樽をそれぞれボトリングの際に混ぜるとか。
陰干しのブドウの果汁から成る重厚感のある口当たりとどこかフレッシュ感のある飲み口。。。
ついつい飲み過ぎてしまいそうです。笑


そんなこんなで、外回りのお時間。
『あ、急がなければ!』とワインをそのまま出てしまい早1週間。。。

忘れていたわけではありませんよ!汗


改めて試飲してみると、
『あ、美味しい!』

酸が立っていたものは角がとれ、優しいブドウ本来の旨味が前に出てきたような印象、
またバランスの取れていたものは複雑性が出てきてなんだか明日、明後日と日を追うごとに楽しみな感じになってくるなと思いました。


アルトリヴェッロ社の取扱いワインの中でも、『ザ・個性派』のディステーザ。
一度飲めばハマってしまうかもしれませんよ!?




writer SHOHEI KAN






  1. 2014/12/25(木) 13:39:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■2年ぶりの開催です!! NAGATOSHI NIGHT 2014@三鷹Stories

10360250_758183600901775_252396318105491387_n.jpg

というわけで、2年ぶりに開催します。
今年のラインナップは・・・・・・・・・・・・・・
全てマグナムボトル。



docg-etc.jpgriesling.jpgsfc-cerviolo_bianco.jpgSNGRVS_RSS_FRT.jpgsruETICHETTA2.jpgダウンロード

PROSECCO SUPERIORE BRUT NV/LE MANZANE  1500ml
EISACKTALER RIESLING 2013/STRASSERHOF 1500ml
CERVIOLO BIANCO 2011/SAN FABIANO CALCINAIA 1500ml
SANGERVASIO ROSSO 2010/SANGERVASIO  1500ml
ROERO SRU 2008/MONCHIERO CARBONE  1500ml
CHIANTI CLASSICO GRAN SELEZIONE “CELLOLE” 2010/SAN FABIANO CALCINAIA  1500ml


2014年12月27日(土) 19:00-23:00
場所:三鷹 Shot Bar Stories

NAGATOSHI NIGHT 2014
  1. 2014/12/22(月) 11:17:55|
  2. giorgio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大雪による物流遅延のお知らせ。

無題

報道の通り、北陸、中部、九州地方などでの記録的な大雪の影響で、
物流の混乱が生じております。
リファーシステム
佐川急便
路線便
ともに、着荷時間の遅延が生じる場合がございます。
お得先の皆様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解いただいたうえで、
お早目のご注文をお願い致します。

株式会社アルトリヴェッロ
  1. 2014/12/18(木) 12:28:23|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月21日(日) 恵比寿ワインマーケットPARTYさんで試飲販売致します。

PARTY_20141216122043a29.jpg

今週末12月21日(日) 
久々に、お膝元の恵比寿PARTYさんで試飲販売致します。
伊東が立ちますので、皆さん遊びに来てください。
試飲のワインは
・FERROCINTO SPUMANTE DOVI′
・FERROCINTO SPUMANTE DOVI′ROSE
・CELLOLE CHIANTI CLASSICO GRAN SELEZIONE 2010
このあたりの豪華ラインナップを予定しております。

時間は13:00~18:00 店舗入り口付近に居ると思います。
http://www.partywine.com/


恵比寿ガーデンプレイスでは、
BACCARAT.jpg
Baccarat ETERNAL LIGHTS -歓びのかたち-
も開催中。
クリスマス前の日曜日は、恵比寿でお待ちしております。



  1. 2014/12/16(火) 12:30:15|
  2. giorgio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年末年始の営業案内です。

全国的に大荒れの天気のようですが、
今年も残り半月となりました。

年末年始にかけての営業日につきましてご案内させて頂きます。

2014nenmatu.jpg

※以前、FAXにてご案内させていただきました案内に1点誤りがありました。
23日が営業日になっておりましたが祝日になりますので出荷できませんのでご了承ください。

●年内最終出荷日 12月26日(金)
●弊社休業 12月27日(土)~2015年1月4日(日)
●年始出荷開始 2015年1月5日(月)

2014年の最終出荷は26日になります。

◆毎年の事ですが12月は荷物が大変込み合います。
 余裕を持った発注をお願いいたします。



  1. 2014/12/16(火) 11:28:24|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■新規ワイナリー開始のお知らせ ALTOADIGE STRASSERHOF

logo-suedtirolwein.png

年末押し迫る12月半ばですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
こんな時期ですが、1軒新しいワイナリーとの取引が始まりました。
STRASSERHOF
ストラッセルホフ

エリアは…
ALTOADIGE EISACKTALER
アルトアディジェ アイザックタラー

州の名前はトレンティーノ=アルトアディジェ州といいますが、
そもそも、南側のトレンティーノ(トレント県)と北側のアルトアディジェ(ボルツァーノ県)は
全くと言っていいほど別の地域です。北側のアルトアディジェでは主にドイツ語を話しますし、
地形も山岳部が中心になります。
altoadigeDOP.png
こちらの地図が、トレンティーノ=アルトアディジェ州のDOPマップ。
北側の地域はDOC(DOP)アルトアディジェとなっていますが、
これ、結構広い地域です。
県都ボルツァーノから、右上(北東)にイザルコ渓谷に沿って伸びる
地域がEISACKTALER(ドイツ語)、VALLE ISARCO(イタリア語)です。
この地域は、アルトアディジェDOCのSOTTO ZONA(サブゾーン)として
ラベルに表記が可能です。
STRASSERHOFは、丁度この地図だと、黄色の上部の町
BRESSANONE(ブレッサノーネ)の北側。
修道院で有名なノヴァチェッラという町に在ります。
IMG_6920.jpg
完全に山あいの集落で、海抜は700m以上。
夏場は暑いと有名なアルトアディジェの中でも、朝晩はかなり冷え込みます。
こちらの写真は7月半ばの物ですが、このときは雨模様も手伝って、
なんと朝方の気温は10℃を下回りました。

IMG_6936.jpg
STRASSERHOFのオーナーファミリーであるバウムガルトネル家は、1500年代からこの地域で
農家を営んできました。
葡萄だけではなく、アルトアディジェは林檎も有名ですので、果樹園を代々営んできました。
葡萄はワイナリーとしても規模の大きいノヴァチェッラの修道院(ABAZZIA DI NOVACELLA)に
納めてきましたが、現オーナーのハンネス氏が、ワイン造りを志し、醸造学校を卒業した
1996年から自宅で収穫された葡萄を使ったワインづくりを試みます。
当初は宿泊施設で出すワインを造る程度でしたが、
試行錯誤の上、2003年にワイナリーとして、初めてのワインをリリースしました。
SILVANER
KERNER
RIESLING
MULLER THRUGAU
といったドイツ系の白葡萄を中心に、
VELTLINER
GEWURZ TRAMINER
も栽培します。
2haの畑からスタートして、現在では5.5haの畑から、葡萄を栽培します。
IMG_6913.jpg

当初は設備も簡素なものだったそうですが、
IMG_6901.jpg
現在は、小規模ながら清潔で機能的なカンティーナになっています。

IMG_6898.jpg

EISACKTALERの地域は、標高の高さも特徴ですが、南のBOLZANO地域に比べると
土壌に粘土が少なく、砂と砂利が多く含まれます。
夏場の最高気温は、どちらも30℃を超えるそうですが、朝晩の気温は
EISACKTALERの方が断然低いそうで、この寒暖差もこの地域の特徴ですね。

EISACLTALERには20軒弱のワイナリーがあり、カンティーナソチャーレ(協同組合)と
ノヴァチェッラ修道院を除けば、どこも年産10万本以下の小規模ワイナリーが
ほとんどだと言います。

IMG_6904.jpg
基本的に非常に高い酸を生み出す地域ですが、果実味と香りの要素を生かすために、
各葡萄で3回に分けた収穫を行うそうです。
丁寧に手摘みされた葡萄は、なるべく早くソフトプレスされ、酸化しないように早いタイミングで
発酵タンクに移されます。17℃~18℃で低温発酵を行います。
香りを引き出すために、品種によってはナチュラルイーストを一部使用するそうで、
これによって、残糖の調整を行うとか。
IMG_6933.jpg
出来上がったワインがこちらですが。
はっきりいって、どれも素晴らしいです。

今回輸入したラインナップは
・Eisacktaler Silvaner 2013 アイザックタラー シルヴァーネル
・Eisacktaler Veltliner 2013 アイザックタラー フェルトリーナー
・Eisacktaler Muller Thrgau 2013 アイザックタラー ミュラートゥルガウ
・Eisacktaler Riesling 2013 アイザックタラー リースリング
・Eisacktaler Kerner 2013 アイザックタラー ケルネル
・Eisacktaler Gewurz Traminer 2013 アイザックタラー ゲヴュルツトラミネール
の6種類。

特に、
SILVANER シルヴァーネル
VELTLINER フェルトリーナー
KERNER   ケルネル
の3種は、「この品種でこんなに素晴らしいワインが出来るのね?」
くらいのレベルです。
一般的には、
「春から夏向きのワイン・・・・」と思われがちですが、
雪深いチロルの遅い春を待ちわびる現をイメージしながら、
暖房の効いた部屋で楽しむカッチリ引き締まった白ワインも
なかなかオツなものだと思います。
年末からお正月にかけて、和食にもバッチリ合うワインですので、
是非、お試しください。


  1. 2014/12/15(月) 15:16:41|
  2. giorgio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

POLLINO BIANCO FERROCINTO JAL ファーストクラスラウンジ提供のご案内

jal.png

いよいよ師走、年末商戦に突入いたしましたが、
ここで嬉しいお知らせがございます。
弊社輸入のカラブリア州フェッロチントのポッリーノビアンコが
12月1日より3か月間、羽田・成田のJAL国際線ファーストクラスラウンジにて
提供されることになりました。
カラブリア北部のポッリーノ山脈の寒暖差のある土地を
活かした酸の引き締まった白ワイン。
モントニコ100%で造られます。
http://www.jal.co.jp/narita-t2/lounge/
http://www.jal.co.jp/inter/lounge/pdf/first/drink.pdf

なかなかファーストクラスでの旅は夢のまた夢ですが、
ご家庭でも、ファーストクラスラウンジの味
フェッロチント ポッリーノビアンコをお試しください。

panoramica vigneto2
DOP-BIANCO_20141204130205401.jpg無題

  1. 2014/12/04(木) 13:09:01|
  2. giorgio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いよいよキアンティクラシコグランセレツィオーネ本格デビュー!

ブログはお久しぶりになります。
ディフェンス担当こと内勤の図師です。




11月22日土曜日まで
10日間にわたるサンファビアーノカルチナイアのエノロゴ、フランコ・カンパネッリ氏来日プロモーションが行われていました!
大阪に始まり、和歌山、広島、福岡、小倉、横浜、東京と全国7都市を10日間で回る強行スケジュール。
フランコ氏を始め、闘うワイン商川頭夫妻、本当にお疲れ様でした。
我がアルトリヴェッロも営業の精鋭3人がそれぞれ同行しておりました。

63430_725781337506229_7654834437400480363_n.jpg
大阪にてお好み焼きを食すフランコ氏


僕は20日の麻布十番イル マニフィコさんで行われた川頭塾と21日の表参道ラ フィオリータさんをお借りして行われた試飲会のお手伝いに行ってまいりました。
21日の試飲会ではフランコ氏への塚本悦子さんの取材がありました。
この取材なのですが、カルチナイアのファンの方からしたら暴動が起こるのかもしれませんが、

僕も一緒に同席させて頂きました。
横に取材をしている横にちょこんとではなくどしっとした人間がいて非常に迷惑だったかもしれませんが

取材はフランコ氏の経歴からカルチナイアでどのようなことをしてきたか、
葡萄栽培で気をつけていること、
そして、
今回リリースされたグランセレツィオーネ“チェッロレ”が
リゼルヴァ時代からいかにワイナリーとして大事にしてきたか、


現役エノロゴの熱い思いを感じ取ることができました。

この取材の記事は後日ワイナートさんに載るそうなので詳細が分かりましたらブログやFBで御紹介させていただきます!

DSC_0116.jpg
取材後のフランコ氏と通訳を務めたジョバンナさん


そして、12月1日


イタリア大使館にてキアンティクラシコ協会など主催のキアンティクラシコグランセレツィオーネ発表会がありました!

大使館なんて行く機会がめったにないので、ワクワクでしたが、
いつものように到着は終了間際・・・・
日も落ちおり、綺麗なお庭も暗くてあまり見えず・・・
DSC_0162.jpg



しかし!大使館内の会場には多くの方々が来ており、
グランセレツィオーネへの興味と期待が伺える発表会となっておりました。

DSC_0149.jpg


DSC_0151.jpg

我がアルトリヴェッロのブースを飾る“チェッロレ”グランセレツィオーネ2010

その後に行われたビュッフェパーティーでは
各ワイナリーのグランセレツィオーネが試飲でき、

僕も勉強の為に試飲させていただきました!

(決して、おいしそうなパスタやステーキや、チーズや生ハムばかり追いかけていたわけではありません!)

素人の感想ですが
どのグランセレツィオーネも美味しかったですが、
やはりカルチナイアのグランセレツィオーネはこの中でも高いレベルにあると思いました!

古くから続く伝統に、

新しい伝統を作る為の法律、

そして、

造り手の熱い思いが詰まったグランセレツィオーネ
ぜひ、一度お試しください!


DSC_0164.jpgDSC_0160.jpgDSC_0117.jpg





  1. 2014/12/04(木) 12:30:55|
  2. ずし
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0