ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

■giorgioの南イタリア紀行2013 vol.10

さて、一通りカストロヴィッラリのブドウ畑を見てきましたが、
先にも書いたように、CAMPOVERDE社は桃の栽培と加工で
知られる企業で、イタリア中に桃を出荷しています。
訪問した6月にも畑には桃がたわわに実っていました。
桃といってもいろいろな種類があって、日本でよく食べる
白桃から、黄桃、そしてプラムのようなものまで、数十種類の
桃を植えているそうです。

IMG_6311.jpg

IMG_6310.jpg

この辺りは白桃の類ですね。
まだ硬く、収穫までは暫く熟成が必要です。

IMG_6212.jpg
そしてこちらが、桃の選別場。機械と目視でサイズと、良品・不良品を選別します。
桃だらけ。。。

IMG_6209.jpg
あっという間に箱詰めされて、全国へ出荷されます。

IMG_6213.jpg

こちらは、桃のラボ。いち早く減農薬に取り組んだCAMPOVERDE社は、自社の畑や
契約農家の栽培の管理を細かく行ない、残留農薬を始め、土壌や果物の状態を常に
チェックしています。
果物に対する厳しい品質管理が、FERROCINTOのワインの品質管理にも
大きくフィードバックされているんだな。と、納得しました。

趣向品といえども、人間の身体に入るもの。安定した品質のものを選びたいものですね。

FERROCINTOのお話はこの辺で。次回は魅惑のヴィーノドルチェを作る
職人芸ワイナリーを訪問予定です!

つづく

-----------------------------------------------------------------
ALTOLIVELLO FACEBOOKページあります!
www.facebook.com/altolivello.jp
いいね!を押して最新情報のチェックをお願いします。
------------------------------------------------------------------    


スポンサーサイト
  1. 2013/08/16(金) 20:48:16|
  2. giorgio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白金高輪 イタリアン BITTO 郷土料理とワインの会

maruです、こんにちは。

この仕事をしていると色々なレストランさんが行うイベントのお知らせが来ますが

実際は中々出れません。。。

タイミングが合えばと思っておりましたが遂に先日、郷土料理&ワイン会に参加出来ました!

場所は白金高輪にある「イタリアン ビット」様です。

bitto0.jpg

夕方からだったのですがまだまだ日が落ちるのが遅いですね。

実はこういう会にはあまり出たことが無かったので今後のために勉強させて貰おうという目的もありました。

資料の作り方、進行の仕方など勉強させて貰いました。

bitto7.jpg

資料はこんな感じです。

後々、ワイン会を思い返そうとしても酔って忘れてしまってる、、、なんてことが多いですが

これだけしっかりしている資料があれば大丈夫ですね。

bitto8.jpg

最初は店名の「Bitto」の由来となっている伊東(ito)シェフの料理説明から。

今回はシチリア郷土料理に合わせたシチリアワインがテーマ。

bitto1.jpg
ヒヨコ豆のフリッコとカポナータから始まり・・・

bitto2.jpg
前菜5種盛
・カチョカヴァッロ入りランチーニ。
・魚介類のホワイトバルサミコマリネ、全粒粉のクスクス添え
・タコのトマト煮込み セロリ添え
・カジキマグロの自家製スモーク オレンジとウイキョウのマリネ
・牛ギアラのグリル

bitto3.jpg
塩水うにの冷製パスタ

bitto4.jpg
6種のトマトと6種の水なすのソース 焼きリコッタのせ

bitto5_20130807131746732.jpg
北海道産 子牛ロースの薄切りソテー マルサラ風味

bitto6_20130807131744a1c.jpg
伝統菓子 カンノリーニ


フルコースでした。

もちろん、料理は全て郷土料理ですがところどころに使ってある食材には「和」をイメージした食材が入っており、全体的にスッキリした味わいのものが多く感じました。

食が細くなる夏に食べても最後まで問題なく頂けました!

ワインの撮影が失敗しましたが・・・。

○ルトリヴェッロのエトナワインが美味しかったです、特に。

アルトリヴェッロのワインは最初は今日の会で使われない予定でしたが、

実際にスタッフ試食会にて料理とワインを合わせたときに非常に相性が良かったと聞きました。

「試飲会だけではわからないですね~」という言葉が印象的です。


普段からメニューも豊富に揃えているお店です。

皆様も是非、お店にお立ち寄りになってください。

  1. 2013/08/10(土) 13:15:05|
  2. maru
  3. | トラックバック:0

一般向け試飲会案内

こんにちは、maruです。

アルトリヴェッロのワインは店頭では中々買えないないのですが

関東数箇所の販売店の一つ、恵比寿ガーデンプレイスのワインマーケット・パーティ様にて

数種類取扱いがございます。

その中でも5年前3年前から人気のワインが・・・
(3年前・・・と書いたら「まるやまぁ~このワインは君が会社に入る前から人気だったんだぞ~」という神の声が聞こえたため修正)

「マンザーネ・プロセッコ」です。

http://www.partywine.com/shop/e/e10000531/
top.jpg

今年1月から6月までの販売実績で・・・

top2.jpg

見事に2位です!!


国旗の色が微妙に違うのは気にしてはいけません!

とにかく人気です!


と、ここまでが前振りなのですが

今月もまた無料試飲会を行います。

・場所:恵比寿ガーデンプレイス内 ワインマーケット・パーティ
・日時:8/10 13:00~18:00
・丸山しかいない。

プロセッコ、相当な特価で出してます。

この猛暑を乗り切るために是非、マンザーネプロセッコをお願いします!
  1. 2013/08/07(水) 11:48:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

■giorgioの南イタリア紀行2013 vol.9

さて、日本も夏本番ですが、記憶が消えないうちにBLOG書いていかないとですね。
今日は、FERROCINTOのカンティーナを見学します。

IMG_6172.jpg


敷地に入るなり驚きます。

IMG_6197.jpg


IMG_6198.jpg
何じゃこの広い敷地と建物群は。。。。
全てFERROCINTOのカンティーナです。

というのは、嘘です。。。

前にも述べたように、FERROCINTOは、カラーブリアを代表する果樹園CAMPOVERDE社の
手がける高品質ワインのプロジェクトの名称であり、CAMPOVERDE社は、
ワイン事業よりは、果物の事業が今でもメイン。
このでっか~い建物の中では、桃を始めとするフルーツの仕分けや、加工が行なわれています。

カンティーナは、敷地内の建物を使用しています。

ワインの部門は、2つ有り、ベーシックレンジの CANTINA CAMPOVERDE
そして、クオリティレンジの TENUTE FERROCINTOです。
CAMPOVERDEの葡萄は、このカンティーナの周りの畑から、FERROCINTOの葡萄は
前回のブログの標高の高い別荘周辺の畑から、全てこのカンティーナに運ばれて醸造されます。

IMG_6176.jpg
こちら、モンキエロでもお馴染みのWILLMESのプレス機。窒素を充填しながらプレスするので、
葡萄が酸素に触れず、酸化を防ぎ、クリーンで芳醇な香りの白ワインを産み出します。


IMG_6177_201308031537576bb.jpg

ずらりと並ぶ醗酵タンク。セラーは特に地下にあるわけではないので、建物内はエアコンが完備され、
醗酵タンクも、勿論全て温度管理の出来るものを使います。

IMG_6178_20130803153758c76.jpg

全てのタンク内の情報が、テレメトリーで映し出されるシステムです。


IMG_6190.jpg


IMG_6196.jpg
こちらのラボでは、ワインのサンプルを分析に掛ける事が出来ます。
糖度・酸度の他、アルコール度数、乳酸とリンゴ酸そして酢酸などの含有量をチェックする事で、
品質の管理に万全を期しています。


IMG_6217.jpg

FERROCINTOの中で、樽を掛けているワインはまだ一部です。
そのため、バリカイアも大きな冷蔵室の中に設置されていて、
新興ワイナリーだな。という一面も垣間見る事ができて、ほっとします。

IMG_6219.jpg

AGFE1201B

AG=AGLIANICO
FE=FERROCINTO
12=ヴィンテージ2012
01B=ロット

といったところだと思うので、この樽は、2012年のSERRA DELLE CIAVOLEですね。

IMG_6220.jpg

おっと!同じセラーの中にこんなものを発見。

IMG_6229.jpg

IMG_6230.jpg

そうですね。デゴルジュマン前のDOVIちゃん。カラーブリアで造る、メトド・クラシコ・スプマンテです。
2011vtのもので、実はシャルドネの他に、アリアニコで造った、DOVI ROSATOも有ります。
まだまだ、ワイン事業部は規模も小さく、スプマンテモ始めたばかりなので、
もともと有る施設で、手作り感覚で造っているのが良く伝わりました。
これをほぼ1人でこなしている、エノロゴ ステファノ氏は、やはり凄いです。

今度は、桃の畑と工場もご紹介したいので、ご期待ください。

つづく

-----------------------------------------------------------------
ALTOLIVELLO FACEBOOKページあります!
www.facebook.com/altolivello.jp
いいね!を押して最新情報のチェックをお願いします。
------------------------------------------------------------------    


  1. 2013/08/03(土) 16:23:31|
  2. giorgio
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■暑中お見舞い申し上げます。

IMG_6517_201308021133015e9.jpg

暑 中 お 見 舞 い 申 し上 げ ま す。


暑い日が続いておりますが、たっぷり水分と、しっかり夏ワインを飲んで
夏を楽しみましょう。

弊社は8月も通常通り、受注・出荷を行ないます。

沢山のオーダー、お待ちしています!



BUONE VACANZE!!

  1. 2013/08/02(金) 11:38:48|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0