ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

今年も1年有難うございました。

vigneti2.jpg

2010年の業務も29日を以って、終了いたしました。
政治も経済も、決して楽観できる状況では無いと言う事を日々感じながらの1年間でしたが、
多くのお客様のご支援により、弊社としては少しずつ形になってきた部分も見られたと思います。
ワインのアイテムでは、コネリアーノ・ヴァルドビアッデネのDOCG昇格、
ドリアーニDOCGのPECCHENINOの扱い開始など、土地について、
今更ながら、再認識をする機会が増えました。
勿論、土地と葡萄を最後にワインにするのは「人」であるので、ワインは全て「人」に
掛かってくるのですが、何故、この「人」が、この「ワイン」を造るのか。という事を理解するのに、
土地の特徴は最低限、知っておきたい要素だな。と改めて考えさせられました。
ふと考えて見ると、独立をしてから3年間、仕事に絡む事ばっかりで、なかなかワインの勉強を
していないような気もしたのですが、こうやって出会ったワインの中で、自然と自分の中で疑問を持つ事が、
一番勉強になると思っているので、
来年も引き続き、色々な土地の特徴の現れたワインをご紹介できればと思います。

1月には、コッリオ、テルチッチのCRU3種「PLANTA」「SCEMEN」「DAR」2008
ビンテージが限定入荷。
2月には、カラブリアのコセンツァ地方のワイナリーが正式デビューいたします。

2011年もどうぞご期待・ご愛顧を宜しくお願いいたします!

最後になりましたが、今年一年、ご愛顧いただいた皆様に心より御礼申し上げます。
来年も皆様にとって、素晴らしい年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

株式会社アルトリヴェッロ スタッフ一同
スポンサーサイト
  1. 2010/12/29(水) 17:54:32|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■お客様ご紹介 ~神保町 Bon Vivant ~

0X00042045_l1.jpg
BAR-NAVIより拝借画像

先日、久しぶりに神保町のお客様 ボン・ヴィヴァンさんに伺いました。
ワイン・チーズ・モルトetc, に詳しい女性オーナーの藤村さんのお店。
弊社のワインも、沢山扱っていただいております。

この日は、ハンガリーのフルミントのワインを頂く。
すっきりだけど、凝縮感があって、美味しかったです。

そして、赤は
CAQ44K8Z.jpg
BOLGHERI ROSSO 2008 LE MACCHIOLE

わざわざ、開けてもらって有難うございます。
2008年のこのワイン、美味しいですね。
お店でも話をしたのだが、2007と、2008って、結構違う印象を持っているものが多い。
どちらも良い年とされているけど、ビンテージの雰囲気が結構違う。
もちろん、どちらが良い悪いの話ではないのだが。

このお店、危険なのは、ついつい長居してしまう。お酒の充実もそうだけど、
個性的な姉御肌の店主の造る雰囲気が魅力ですね。
この後の誘惑を断ち切って、この日はお暇しました。


藤村さん、来年も、よろしくお願いします。


■お店のデータ
ボン ヴィヴァン Bon Vivant
千代田区神田神保町1丁目64 神保町ビル1F
TEL:03-6421-2541
営業時間 月~金 19:30~01:00
定休日 日/土/祝日
  1. 2010/12/25(土) 13:53:16|
  2. レストラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■イタリアからBUON NATALE!

イタリアから、メリークリスマス


special_card-monchiero.jpg

●MONCHIERO CARBONE



!cid_D6C6AC1C-EFDA-4F29-99C9-817284E4B96D.jpg
I migliori auguri di Buon Natale e Felice anno nuovo da La Distesa.
Corrado, Valeria, Giacomo, Giulia, Giovanni, Marthe


●LA DISTESA
  1. 2010/12/25(土) 00:57:24|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆BuonNatale!(Live画像)


皆様、クリスマス・イブいかがお過ごしでしょうか?本日18時まで、恵比寿ガーデンプレイスで、泡たちと共にお待ちしております。
  1. 2010/12/24(金) 15:19:32|
  2. 営業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■2010年最後の試飲です!

gardenplace.jpg

さあ、いよいよクリスマスですね。
今年も色々な場所で、弊社ワインをご紹介いたしましたが、最後はやはり地元恵比寿で!
というわけで、今年もガーデンプレイスのワインマーケットPARTYさんに
わがままを聞いて頂きまして、23日(祝)/24日(金)の2日間。

【イタリアの人気スプマンテ】
というテーマで試飲販売をさせていただきます。
出展ワインは。。。

PRO BRUT docg-mini1c3122339038216ab893654366cd874d.gifmarzani-2.jpgmoscatodasti-btl_20101220181213.jpg

ALTOLIVELLOの泡、全員集合です(笑)


12月23日(木)、12月24日(金) 
13:00~18:00


ワインマーケットPARTY テイスティングコーナーにて
皆様のご来場、心よりお待ち申し上げます!

  1. 2010/12/20(月) 18:21:32|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■トスカーナ

年の瀬、お酒の機会も多くなっていると思いますが、皆様、良いワイン飲んでおりますか?
私は、今週遅れていた今年最後のコンテナが入港し、てんてこ舞でしたが、
何とか無事にご予約のワインも出荷し、ホッとしております。
そんな昨夜、昔からのお客様から連絡を頂き、古巣Storiesへ。

予定していたわけではないのですが、同席しておりました方たち、
自然と、トスカーナのワインを次々開けていきまして・・・
気付くと。。。。

CACSV67L.jpg

こんなにワインが開いておりました。

左から

・CERVIOLO ROSSO 2001 SAN FABIANO CALCINAIA
・SCASSO DI CESARI 1999 TENUTA DI VALGIANO
・CHIANTICLASSICO DON TOMASO 1999 LE CORTI
・PALEO ROSSO 1999 LE MACCHIOLE
・IL GAMO SYRAH 2002 CIMA

凄いワインたちですね。
ドン・トマーゾのみ、間に合わず飲めなかったのですが、
チェルヴィオーロロッソ01は、ハツラツとして、果実味も充分にありました。
パレオはちょっと寝起きの印象で、もう少し開かせてあげたかったかもしれません。
ガモは、非常に綺麗な表情。さんも果実味も軽快なイメージがありました。
2002年の良い要素なのかもしれませんね。
チェザリの99は、かなりタイミングが良かったようで、抜栓後からデキャンティングもせずに
かなり弾けていました。要素は複雑なのに、まとまりが素晴らしい。

良いワインを飲ませていただき、Mさん、Bさん有難うございます。
そして、何となく集まって、これだけ適当に開けられてしまう、やま酒のセラーにも感謝!
気付けば、全て「闘うワイン商」のワイン達でしたね!感謝感謝です。


今夜も、友人の結婚パーティー。
皆さんも体調には気をつけてくださいね。

  1. 2010/12/18(土) 16:02:05|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●カラブリア料理 FABIANO

先日、お得意先酒販店のF氏と恒例の忘年会!今月から入門中の修行僧Mもご一緒させていただきました。
伺ったのは、前から行きたかった大井町のカラブリア料理ファビアーノさん。
イタリア料理用語辞典の著者であるオーナーの吉田政國氏が、カラブリア料理に魅せられ、
15年前にオープンしたお店です。
今回は、特別に、来年から本格開始予定のカラブリア州コセンツァのワインを持ち込ませていただきました。

g775700ps3.jpg
お店の中には、カラブリアの情報が至る所に置かれています。


IMG_4123.jpg
前菜盛り合わせ。 自家製ンドゥイア、カラブリア産赤玉葱など。

IMG_4124.jpg
トリッパの煮込み

IMG_4125.jpg
自家製サルシッチャ、唐辛子と、フェンネルの2種類が入っています。


パスタ3種

IMG_4126.jpg
カラブリアの伝統パスタ 手打ちフィレイアの豚肉のラグー


IMG_4128.jpg
ヒヨコマメのラガーネ(ラザニアの語源とか?)

IMG_4129.jpg
栗粉を練りこんだマルファーティ

IMG_4130.jpg
メインは子羊です。

で、持ち込ませていただいたワインなのですが、
Timpadelprincipe.jpgDOLCEDORME.jpgMAGLIOCCO.jpg

TENUTE FERROCINTO
というカラブリアのコセンツァに有るワイナリーのものです。

グレコビアンコ&マリコオコで造られる、ティンパ・デル・プリンチペ
アリアニコデ造られるロゼ、ドルチェドルメ
北カラブリアの土着品種、マリオッコなどがございます。

前菜とパスタはビアンコ、 サルシッチャはロゼ、子羊はマリオッコという感じでしたでしょうか。
このワイナリー、カラブリアでも北部のポッリーノ山脈の麓の標高の高いエリアに位置し、
寒暖差から、非常に酸のきれいなワインを産み出します。
正直、驚きました。
価格もとても良心的です。現在は若干数の限定入荷。
2011年2月を目処に、正式にラインナップに加える予定です。

ところで、ファビアーノの吉田オーナーにいろいろとカラブリアのお話を伺いましたが、
カラブリアはもともととても貧しい国。流通も悪く、ポッリーノ山脈がイタリア北部との
壁になってしまい、他からの文化が入りにくかった事も、独自の料理文化が今でも
残っている理由かもしれない。とのことでした。
アメリカ大陸から伝わった唐辛子も、一時はイタリア全土に広まったものの、
黒胡椒でも辛さは出せる。と気付きそのうち飽きてしまった。
しかし、貧しく、暑いカラブリアでは保存食の調味料として重宝された。
というようなお話も。
いろいろと、勉強になる一日でした。
吉田オーナー、有難うございました。

■お店のデータ
トラットリア ファビアーノ
品川区大井1-49-12 ライオンズマンション1F
TEL 03-3777-8646(要予約)
大井町駅 西口 徒歩2分
営業時間 ランチ 11:30~15:00(L.O.14:00)
ディナー 18:00~23:00(L.O.22:00)
ディナー 祝日 17:30~22:30(L.O.21:30)
定休日 日曜日
  1. 2010/12/11(土) 17:19:44|
  2. レストラン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Denominazione di Origine Protetta

FEDERDOC.jpg

さて、先日受けてきた
「今日の市場におけるイタリアワイン規定」
講師: リッカルド・リッチ・クルバストロ氏(Federdoc - 原産地呼称保護協会全国連盟 会長)
というセミナーですが、昨年から話題に上っている
EUのワイン規則改定により、
DOCG と DOC は DOP (保護原産地呼称)に統合され、
IGT は IGP (保護地理表示)に、
Vino da Tavola はヴィーノ( Vino )になるという話です。

セミナーの中で
いろいろと、話がありましたが、
2009年8月1日より、ECの新規則が施行され、
いままでのDOCワインをDOP
IGTのワインをIGPというカテゴリーに分類される事になりました。

ただし、これはあくまでもEUの規定であって、イタリアワインに関して
今までのDOC/DOCG/IGTの表記は今後も認められるそうで、
「イタリアでは今後も基本的にはDOC/DOCGの表記を続けるだろう。」
との事。
我々の認識では、今までどおりのDOC/DOCGの認識で良いようです。
また、仮にDOCGのワインをDOPという表記で出したとしても、
DOCGのタグは付くということです。
それほど、市場の混乱は無く済みそうだという印象を受けました。

では、いったい何のための法改正なの??
という疑問も残りますが、いままで各国で管理されていた法律を
EUで管理し、EU圏内での商品を保護していく。
という事が目的のようですね。

また、逆に食品に関するものであれば、海外の原産地呼称も登録できるそうで、
ナパヴァレーのワインや、コロンビア産コーヒーなどが
それぞれDOP/IGPの登録されているようですよ!


というわけで、我々が一番気になっていた「DOCGは無くなるの?」
という疑問の答えはNO!今後もDOCGワインは増えていきそうです。
  1. 2010/12/08(水) 21:59:50|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

■クリスマスワイン到着!

Bottiglia_RUCHIN_MOSCATO.jpgFRANCESCO_20101206184127.jpg

MOSCATO D’ASTI SORI RUCHIN 2009 
MONCHIERO CARBONE


今年もやってまいりました。クリスマスシーズン到来。
この季節に欠かせないワインは!リリースから3周年を迎えるモンキエロのモスカートダスティ
“ソリ・ルキン"です。
飲まれたことの有る方なら、すぐにピンと来ると思いますが、とにかくこのワイン「美味しい!」です。
マスカットの熟した爽やかな香り。プリップリの果実味。そして、最後にしっかりと余韻を残す
上品な酸味。
ただの甘いワインじゃありませんよ!
恐るべし、ソリ・ルキン!!

【商品名】モスカートダスティ「ソリ・ルキン」 微発泡・甘口
【生産者】モンキエロ=カルボーネ
【ビンテージ】2009年
【アルコール度数】5.4%
【参考小売価格】¥2800(税別)
  1. 2010/12/06(月) 18:41:47|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

●忘年会?

師走に突入。
毎年の事ながら、1年が経つのは早いものです。
昨夜は、我が家で豚しゃぶを・・・
集まったのは、今週末、イタリアに戻る闘うワイン商、土浦のFABRIZIOくん、そしてご近所の
三鷹の若旦那です。

毎度のコトながら、ブラインドで持ち寄りのワイン。
遊びと言いながらも、結局みんな真剣にやってしまいますね。

今日飲んだワインは。。。。

IMG_4120.jpg

TORBATOSPMANTE BRUT SELLA&MOSCA

SANGERVAGIO MARNA 1997 

PLANTA 2001 TERCIC 

PALEO BIANCO 1999 LE MACCHIOLE

POGGIO AI CHIARI 1995 COLLE SANTA MUSTIOLA

CHIANTICLASSICO CELLOLE 2004 SAN FABIANO CALCINAIA

SOLERA 99 PASSITO LA DISTESA

RECINAIO VINSANTO 2000 SANGERVASIO

マルナは、現在のサンジェルヴァジオの前身に当たるワイン。酸がきれいで美味しかったですね。
しかし、現在では入手できないものばかりで。
よくもみなさん、持っていましたよね。
プランタの2001とか・・・
私も始めて飲みましたよ!

  1. 2010/12/03(金) 19:59:11|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0