fc2ブログ

ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

◆新入荷情報 トスカーナの新星 MITICAIA BATAVIGNA

image2.jpegimage3.jpeg
IMG_6237.jpg

◆新入荷情報 トスカーナの新星 MITICAIA BATAVIGNA


今回は、BIGなワインのご紹介です。
前回BLOGでご紹介させていただいたモンタルチーノのPIANCORNELLOが
伝統と土地のワインなのに対して、今回のワインは土地と人間のワイン。とでも言いましょうか。
まさに彗星のように現れた、ボルゲリのスターワインです。

バルバラ=タンブリーニ
この名前を聞いてピンとくる方は少ないと思いますが、現在のイタリアワイン界では非常に名の通った方です。
トスカーナ生まれの女性醸造家エノロガで、スヴェレートのグアルド デル レをはじめ、トスカーナを中心に
イタリア中のワイナリーの醸造を担っています。
スターエノロゴ、一時期イタリアでも数十人の名前が挙がったと思いますが、その中でも
女性はかなり少なく、イタリア国内でも注目を集めています。
2019年には、ジャコモタキス アワードを受賞し、名実ともにイタリアを代表する醸造家となりました。

そんなバルバラ女史が、自分のワイン人生の一つのけじめとして、一つのプロジェクトをスタートしました。
R.png

BATAVIGNA
ボルゲリDOPのエリアで古くから信頼する農家の畑を使わせてもらい、バルバラの師である、
あのヴィットリオーフィオーレ氏と、バルバラのチームが畑の管理を。
バルバラ自らが醸造を管理し、1本のワインのみを作り上げます。
その名もMITICAIA
神話
をイメージしたこのワインは
メルロ カベルネフラン カベルネソーヴィニヨン プティヴェルドのブレンドで、
重厚なワインながら、バルバラのキャラクターをイメージさせるフレッシュさと優しさも兼ね揃えます。
miticaia.png
2013年の初リリースから、イタリアでは非常に評価が高く
BIBENDA2017で5Grappori
VITAE2018で4VITI


と、それぞれ最高評価を受けています。

IMG-20180507-WA0003-212x300.jpgR (2)







ワインの説明
MITICAIA IGT TOSCANA BATAVIGNA

畑はボルゲリDOP エリアの古くからの友人の葡萄農家を借り、自分たちのスタッフで管理。
樹齢15 ~ 20 年。4 種類それぞれの品種ごとに収穫。
主発酵はステンレスタンクで
熟成は約15 ケ月新樽バリック。後瓶熟

●品種構成
2013/ メルロ、カベルネフラン、
  カベルネソーヴィニヨン、プティヴェルド各25%

2015/ メルロ、カベルネフラン 各30%
  カベルネソーヴィニヨン、プティヴェルド各20%

2013 参考小売価格 18,000 入荷数360本 750ml×6本木箱
2015 参考小売価格 16,000 入荷数240本 750ml×6本木箱

各ヴィンテージ入荷数が限られております。
お問い合わせはお早めに各担当までお願いいたします。


※エティケッタに掛かれたバルバラからのメッセージ

nero(黒) buio(闇) vaio(灰)
notte(夜)scuro( 暗)
当初私はこれらに近い多くの言葉からこのワインの
名前を考えていました。
色調の強さと密度のファーストインパクト。
この前奏曲から爆発的な香り、そして一貫性のある
味わいへと繋がっていく。
しかし、私はこのワインをMITICAIA と名付けようと
思います。なぜなら、まるで神話(MITO)のよう
に夢が実現し、イタリアワインの素晴らしい
世界での長年の取り組みが達成され、多くの満足と、
専門家としての願いが叶ったからです。



※バルバラ=タンブリーニが醸造に携わるワイナリー
CÀ DU FERRÀ(LUGURIA)
Cecilia(TOSCAN ELBA))
CORTEDOMINA(TOSCANA)
GUALDO DEL RE(TOSCANA)
La Corsa(TOSCANA)
Podere le Poggiarelle(TOSCANA)
LE REGGE(TOSCANA)
PietraNova(TOSCANA)
Podere Ristella(TOSCANA)
VILLACOSMIANA(TOSCANA)
VIGNAMAGGIO(TOSCANA)
VIGNANO(TOSCANA)
Duca di Salaparuta(SICILIA)
TRIACCA




スポンサーサイト



  1. 2022/08/20(土) 15:23:19|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

IL MONTUはTENUTE TONALINI へ!

banner2020.png

TENUTE TONALINI OLTREPO PAVESE

2014年より取り扱いが始まりましたロンバルディア州の南西部、オルトレポ・パヴェーゼの
IL MONTU(イル・モントゥ)。
2020年より新ブランドTENUTE TONALINIへと生まれ変わります!


新ワイナリー名のTONALINI、
そこにはファミリーの歴史が大きく関わります。

1865年にトナリーニ家の先祖であるトマーゾ氏がオルトレポ・パヴェーゼのモントゥベッカリアに葡萄畑を購入。
ここからワイン造りの歴史は始まりました。
1902年にはモントゥベッカリアの21軒の葡萄栽培農家がカンティーナを建設し協同組合としてのイル・モントゥが
始まります。大量生産の時代はバルクでイタリア各地へとワインを出荷していましたが、
90年代に入り、時代は量から質へと変わっていきます。
94年に現オーナーのファビオ=トナリーニ氏が主要な畑とワイナリーを買い取ります。
イル・モントゥはトナリーニ家の所有となり、クオリティワインを造るためのリノベーションが始まりました。
98年からはスプマンテ メトドクラシコの生産もスタート。世界生産量3位のピノネロ、そしてクロアティーナから造られる
ボナルダを中心に高品質ワインを新しくリリースします。
2007年にはオルトレポ・パヴェーゼ メトドクラシコがDOCGへと昇格。
2010年からはCRUのROSE、CRUASEが誕生するなど高品質ワインの生産地として世界から注文を浴び始めました。

そして、今年2020年。
この土地で葡萄作りを始めたトナリーニファミリーの先人たちへの感謝を形にし、
クオリティレンジをブランド化を明確にするため、上級ラインをテヌテ・トナリーニとしてリブランド。
ファビオ氏から3人の息子達へと受け継がれるであろう新しい時代へ向けて新たにスタートします。



★TENUTE TONALINIのワイン★
TONALINIVINI.jpg


◆SPUMANTE METODO CLASSICO VSQ
・BLANC DE NOIR METODO CLASSICO BRUT

・ROSE DE NOIR METODO CLASSICO BRUT

◆DOCG OLTREPO PAVESE METODO CLASSICO
・MILLESIMATO OLTREPO PAVESE METODO CLASSICO DOCG BRUT

・CRUASE OLTREPO PAVESE METODO CLASSICO DOCG BRUT

◆BIANCHI
・OLTREPO PAVESE DOC PINOT NERO VINIFICATO IN BIANCO FRIZZANTE

・SOLE DEL MATTINO PROVINCIA DI PAVIA BIANCO IGT

◆ROSSI
・MAFALDA BONARDA VINO FRIZZANTE DELL'OLTREPO PAVESE DOC

・BARONE PINOT NERO DELL'OLTREPO PAVESE DOC

・TOMASO PROVINCIA DI PAVIA ROSSO IGT



TENUTE TONALINIをよろしくお願いします!!

001.jpg
  1. 2020/02/17(月) 16:13:22|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Le Cigliate やっと入荷! 自根の歴史的ファランギーナ

2018003_20190719214701524.jpg

真夏到来の日本列島!

いや~毎日暑いですね。って、令和最初の夏は、なんだか冷夏よりな感じですが。
夏は年に一度。しっかり楽しまないといけません。

というわけで、夏のミネラル補給。CANTINE FARROの新ヴィンテージが入荷しました。
ナポリ沿岸のカルデラに囲まれた火山灰で形成される土壌の自根(フィロキセラ前)の
ファランギーナ&ピエディロッソ。

2月に来日したボスのミケーレ氏。
その時に人気爆発で売り切れた、特別な畑のファランギーナLe Cigliateも
2年ぶりにリリースしました!!
カルデラの「縁の部分」を意味するCiglialeから名付けられたこのワイン。
厚みがありながら、酸もしっかり際立つ、高貴なファランギーナです。

Cigliate_1_2019071921465623c.jpg


今回 2017ヴィンテージが 1200本のみ!
の限定入荷です。
ムール貝やホタテ、蒸し牡蠣などの2枚貝はもちろんのこと。
チキンや豚肉など、白肉のお料理にも合います。
夏はしっかり冷やして、厚みのある自根のファランギーナ お楽しみください。

20 Giugno 2011 Campania 002
  1. 2019/07/19(金) 22:04:49|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆歴史と個性に溢れた、世界を代表するマイナー火山地帯◆

◆歴史と個性に溢れた、世界を代表するマイナー火山地帯◆
      CAMPI FLEGREI CANTINE FARRO


2018001.jpg


またまた久しぶりの更新になってしまいましたが、季節ワインのご紹介です。
カンパニア州ナポリ県。世界中から観光客が集まるナポリのチェントロから10kmほど西方に在る半島。
西側に臨むプローチダ島も含めて、DOP カンピフレグレイと呼ばれます。
CAMPI FLEGREIは「火を噴く平野」を意味し、高い山は無いものの、海底と半島全体の地下に
マグマが広がる、火山性カルデラ盆地で、40,000年前から火山活動を繰り返す、
世界の火山学者が注目するSuper Vulcanoです。
ワインの栽培はギリシャ時代にさかのぼり、ローマ時代にはすでにワインの名産地として
観光名所になっていたというから驚きです。
Campi Flegreiの半島を航空写真で見ると、非常に面白く、


CAMPI-air_20180419163848a6a.jpg

半島に多くのカルデラ湖が存在するのが分かります。
Campi Flegreiでは、このカルデラの内部。湖の周りに畑があり、カルデラの
斜面に葡萄が植えられます。


IMG_6479.jpg

この写真だと、手前は湖で、奥はプローチダを望むティレニア海です。

Campi Flegreiの周りでは、今も火山活動は活発で、近くに在る有名なポッツォリと呼ばれる
硫黄の噴石場所があり、地元では「地獄への入り口」と呼ばれる非常に大きな
噴出孔が見えますが、少し前までは、ここでマッチの硫黄の部分の採取が行われていたそうです。

20 Giugno 2011 Campania 053-mini
ん~  、あ、、、まさに「地獄への入り口」

こんな土地なので、畑の土壌は、完全に火山灰。50,000年前から降り積もっている火山灰が
土壌を形成しています。


20 Giugno 2011 Campania 002
20 Giugno 2011 Campania 061-mini

ごらんのような、the 火山土壌が広がります。
そして、この火山の灰のおかけで、この地域には、フィロキセラが入ってくることが出来ず、
結果として、自根の葡萄が多く残る産地として、ヨーロッパの中でも有数のエリアです。

こんな個性豊かな地域で3代にわたりワインを作り続けるCANTINE FARRO
オーナーは、『ナポリの両さん』として、日本でもファンの多いワイナリーです。
20 Giugno 2011 Campania 017

作るワインは以下の4種類


CANTINE FARRO VINI



Screenshot-2018-4-20 Vini Farro

◇CAMPI FLEGREI FALANGHINA
ファッロの代表アイテム。ファランギーナフレグレア100%でフレッシュに仕上げられる塩気の強いすっきり白

◇CAMPI FLEGREI FALANGHINA LE CIGLIATE

カルデラの縁CIGLIANOと呼ばれる区画の樹齢100年近いファランギーナを用いた凝縮の高い白。

□CAMPI FLEGREI DEPIE ROSE
ピエディロッソを使った、恐ろしく(笑)塩気が強く辛口のロゼ。

◆CAMPI FLEGREI PIE DI ROSSO
赤い足を意味するピエディロッソ。うまみの成分たっぷりの軽やかな赤ワイン。

IMG_6428.jpg

IMG_6430.jpg

IMG_6484.jpg

IMG_6486_20180419164150b18.jpg

合わせるお料理も幅広いです。魚介を中心に、ハムやチーズなど。
いろいろなシーンで楽しめるワインたち。
是非、これから夏にかけて、楽しんでください!



  1. 2018/04/21(土) 00:40:47|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

DOCGがいよいよ登場 FOSSOCORNO ORSUS!!

Orsus.png
ORSUS MONTEPULCIANO D'ABRUZZO

ORSUS RISERVA MONTEPULCIANO D'ABRUZZO 
D.O.C.G COLLINE TERAMANE


こんにちは
BLOGの更新もSNSの普及もあって、かなり疎かになっている今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。
今月のコンテナで、アブルッツォ州 FossoCornoから、「あの」ワインが到着しました。
2月に来日したFOSSOCORNOのオーナー マルコ=ビスカルドにとって、念願の1本。
ORSUS RISERVA DOCG COLLINE TERAMANE
早い話が、FOSSOCORNO初のDOCGワインになるわけですが、そう単純でもないストーリーが
在るわけです。
abruzzo-1-800x889.jpg
このMAPで見ると,番号で1番のエリアが、新しくアブルッツォ州ではじめてのDOCGに認定された
MONTEPULCIANO D'ABRUZZO COLLINE TERAMANE
アブルッツォ州全体で認められるモンテプルチアーノ ダブルッツォ(MAPでは2番の地域)の中で、
最北部のテラモ県の丘陵部のみに認定されたDOCGです。

FOSSOCORNOのカタログなどでも再三書いていることではありますが、もともとは
マルコ=ビスカルド氏のお父さんが、イタリア中のワイナリーを回る中で、このエリアの
特別な環境に感銘を受け。
「この環境であれば、最高のワインを作れるはずだ。」と、土地を購入したことから、
歴史は始まります。
マルコ氏にとってみれば、「父が勝手に始めたことで、今は、ドイツ向けのワインエージェントとしての
仕事が最も大切」と思っていた2000年代初頭。
しかし、運命のいたずらか。。。。
FOSSOCORNOの土地にほれ込んだ、父は、病に倒れ、他界してしまいます。
父の残した土地。そして、父の真意。これをすべてはくみ取れないまま、フォッソコルノの
ワイナリーはスタートします。
収量を抑えるためのコルドーネ仕立て。すべてのワインの自社畑葡萄の使用。
北イタリアでは当たり前とされていたことが、アブルッツォでは、稀有なこととされ、
周りの関係者からは猛反対されました。
しかし、亡き父の「この土地で、しっかり葡萄を栽培すれば、きっとアブルッツォ最高のワインができる。」
という言葉を信じ、採算度外視で、プロジェクトを進めました。
ベースのAIRESや、RISERVAなど、評価も次第に上がっていく中で、
このTERAMO丘陵が、アブルッツォ州で初めてのDOCG地域に認定されることになります。
「亡き父の先見の明は、本当だったんだ」
いよいよ、マルコ率いるTeam FossoCoenoも今までの方向性に自信を持てるようになります。

IMG_7909.jpg

そこで、マルコが企画した次のプロジェクトが、PROGETTO ORSUS
最高の畑「ORSUS」の葡萄を使って、マルコの地元であるヴェネトのアマローネと
少し似た干し葡萄を作ってみよう。というアイデアです。
一日中風がやまないこの畑で、葉を切り落とし、風通しを良くしたうえで、
房がなっている新梢を切断し、畑の上で、20日間葡萄を乾燥させようとというもの。

!cid_15edb515eb230def62c2.jpg
葉を落とした最高の房に鋏を入れます。

!cid_15edb4fe484179d312f1.jpg
新梢を切断しますが、ツルが絡まっているので、
房は下に落ちません。

!cid_15edb52a103eec982333.jpg
この状態で20日間乾燥させ、収穫します。

最高の条件の最高のモンテプルチアーノを畑で乾燥させ、エキス分を凝縮させます。

そうして生まれたのが

ORSUS

ORSUS RISERVA

の2本です。

RISERVAは、FOSSOCORNO初のDOCG
MONTEPULCIANO D'ABRUZZO COLLINE TERAMANE DOCG
に認定されました。
日本でも、なかなか見かけないDOCGですが、アブルッツォ州のクオリティの真価を
感じてもらえるワインです。
限定輸入でございますが、ぜひ、お試しくださいませ。

Fossocorno-vini-Orsus.pngDOCG-OrsusRiserva.png

ORSUS MONTEPULCIANO D'ABRUZZO

ORSUS RISERVA MONTEPULCIANO D'ABRUZZO 
D.O.C.G COLLINE TERAMANE


どちらも、300本程度の限定輸入です。
ご興味のある方は、弊社担当までお問い合わせくださいませ。

#FossoCorno
#CollineTeramane



  1. 2017/10/08(日) 00:12:00|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ