FC2ブログ

ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

◆CHARITY ROSE 2020

IMG_8139 (002)
CHARITY ROSE 寄付のご報告


いつも、ALTOLIVELLOのロゼワインを愉しんでいただいている皆様へご報告です。
昨年7月から12月までに販売されましたロゼワインの売り上げから
¥117,540- 
をみちのく未来基金様へ送金いたしました。
東日本大震災から9年が経とうとしています。
震災遺児の皆さんに、進学の希望を捨てないでもらうために発足した
このみちのく未来基金。この9年間で811名の子供たちに進学の道を
開くことが出来たそうです。
我々の寄付額は僅かですが、ロゼワインを通じて、優しさの連鎖が生まれると
良いな。と思って始めたこの企画ですので、
東日本大震災の年に生まれた子達が就職できる年までは
継続して続けていきたいと思います。
引き続き、ロゼワイン、よろしくお願いいたします。

CHARITYROSE2020
http://www.altolivello.jp/pdf/charityrose2020.pdf


みちのく未来基金のHP
head_logo_2020030512332410e.jpg







スポンサーサイト



  1. 2020/03/05(木) 12:37:31|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪解けの南チロル STRASERHOF EISACKTAL

無題

STRASSERHOF EISACKTALER 

2020年も気が付けば半月が経ち、BLOGもほったらかし状態でしたが、
改めて、今年もよろしくお願いいたします。
新年1発目のご案内は、イタリア最北のワイン産地。アルトアディジェ・ヴァッレイザルコから
STRASSERHOFの新入りをご紹介します。

STRASSERHOF EISACKTALER SAUVIGNON 2018
こちら、今年からリリースされたソーヴィニヨン。
ノヴァチェッラの彼らの区画に2013年に植えたという完全に新しいプロジェクトです。
おそらく、緯度的にイタリア最北のソーヴィニヨンといえるでしょう。
畑の海抜は700m以上。石灰をベースにした白い土壌が特徴。
香りはしっかりと乗っていますが、飲むとSTRASSERHOFの特徴である
酸のシャープさ、果実のヴォリュームが上品に楽しめます。
今回240本の限定輸入です。

STRASSERHOF EISACKTALERGEWÜRZTRAMINER 2018

こちらも同地域で取れるゲヴルツトラミネールですが、実に2年ぶりのリリース。
実は2017年は、遅霜の仕業で、すべての芽がやられてしまいました。
2018年も5月に遅霜の恐れがありましたが、STRASSERHOFをはじめ、
ノヴァチェッラの農家たちは、夜通し、葡萄の木にランタンをともし、
芽が凍るのを防ぎました。(写真下)
ゲヴルツも特徴的なライチの香りは在りながら、シャープで切れのある味わいが
食欲をそそります。

!cid_16f8844a0d5fcbaa5281.jpg

上記2本は2018ヴィンテージですが、その他のSTRAERHOFは、輸入後最低1年間は瓶熟された
ワインを提供しております。

EISACKTALER SYLVANER 2017
EISACKTALER VELTLINER 2017
EISACKTALER MULLER THRUGAU 2016
EISACLTALER KERNER 2017
EISACKTALER SYLVANER ANJO 2015


ご興味ある皆様、是非、お問い合わせくださいませ。

38204117_1759606120797910_4583948973600931840_n_20200122161119003.jpg

38128372_1759606174131238_5592188698046234624_n_202001221608262f0.jpg




61815674_1131509443718200_2371319622432456704_n.jpg






































  1. 2020/01/22(水) 16:12:51|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆2019年 ありがとうございました

20191228.jpg

人生で2回目の改元を迎えた今年も終わろうとしています。
会社の設立から12年が経ち、干支も一周しました。
12年前はまさに成長分野であったイタリアワインの業界も、
一定の成熟を見せ、
成長という意味では踊り場的な局面になってきた感もあると
この数年実感しています。
日本人の酒類の趣向は多様化し、お酒を飲まない。という
選択をする人たちも増えてきました。
世界中のワインが輸入されている日本は、
一見、ワイン先進国であるような印象も受けます。
しかし、新し物好きな日本人にとって、一過性のブームは
良くあること。
ブームとしてワインを知ってもらったうえで、
もっと楽しく、もっと身近に感じてもらい、イタリアワインの
奥行きを提案できるように、我々も取り組んでいきたいと思います。
景気や、世相に左右されるのはどの業界も同じこと。
継続して現地の情報を供給し、イタリア各地に根付いたワインを
その土地のエピソードとともに紹介していきたいと思います。
今年一年、たくさんの皆様に支えていただきました。
皆様も、良いお年をお迎えください。

株式会社アルトリヴェッロ
伊東 長敏
  1. 2019/12/31(火) 15:00:00|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019/2020 年末年始の営業予定

201912-202001.jpg


今年も残り1か月。
気温もぐっと下がり始め
令和最初の年も終わりを迎えようとしています。

今日からオルマンニのディレクター・ロッコ=ジョルジョ氏も来日!
アルトリヴェッロも年末に向けてスパートです!

そんなタイミングですが、
アルトリヴェッロの年末年始の営業予定をお知らせいたします。

nenmatsunenshi2019-2020_20191127142938bb2.jpg


昨年に続き今年もカレンダーの都合でお休みの期間が長くなります。
荷物の集中で遅延発生の可能性がかなり高くなることが予想されます。

早めのご注文をお待ちしております!

  1. 2019/11/27(水) 14:43:32|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏恒例のアレ始まります!


DSC_0097_201905231703443a1.jpg

多くのお客様にご迷惑をお掛けしました
春の欠品祭もようやく終わりが見えてきておりますが

一緒に夏向けアイテムも続々入荷しています!

まずは既に定番!?
昨年末に来日して今回も大暴れしましたモンキエロ・カルボーネから

夏モンキエロのガヴィとファヴォリータが同時入荷しましたよ!


FAVORITA2015.png

LANGHE FAVORITA 2018
ランゲ ファヴォリータ
品種:ファヴォリータ100%
限定:600本
葡萄栽培エリア:クオーネ県カナーレ村、ヴェッツァ村 
栽培区画総面積:2ha
ステンレスタンクで醗酵・熟成。
完熟したファヴォリータの実は小麦色に似た黄金色に実ることからピエモンテの方言で
"Furmentin"(小麦)と呼ばれることもある。
また、ピガート、ヴェルメンティーノと同じDNAを持つといわれる葡萄。



GAVI-bottiglie2.jpg



GAVI DEI COMUNE DI GAVI 2018
ガヴィ デル コムーネ ディ ガヴィ
品種:コルテーゼ100%
限定:900本
葡萄栽培エリア:アレッサンドリア県ガヴィ村
栽培区画総面積:6ha
ステンレスタンクで醗酵・熟成。
アルトリヴェッロの夏を代表する1本は、フランチェスコの醸造学校時代の同級生とのコラボレーションアイテム。
畑の管理と醸造をフランチェスコが担当しています。



さらに!


桃モンキエロことモンキエロ ロザートも少量入荷!
次回入荷は未定ですのでこのチャンスにこちらも合わせて!

VINO ROSATO-1


MONCHIERO ROSATO 2018
モンキエロ ロザート(通称:モモモン)
品種:ネッビオーロ50%バルベーラ50%
限定:480本(次回入荷未定)
マセラシオン:短めに数時間
醗酵:ステンレスタンク(15℃で3週間)
熟成:タンクで3か月落ち着かせてボトリング

自社畑のバルベーラとネッビオーロから造られるロゼワイン。
桃の産地としても有名なカナーレの町のイメージにもぴったりなワインです。




30度を既に超えている地域も出ている日本列島!
今年の夏も夏モンキエロで乗り切りましょう!





  1. 2019/05/23(木) 17:13:11|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ