ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2017年開始です!

DSC_0168.jpg
今年は酉年ということで!

内勤のズシです。
昨年も1年間大変お世話になりました。

昨年は特にご迷惑をお掛けした方々が多く反省ばかりです・・・
今年はミスを少しでもなくせるよう精進していきます。

2016年は
ワインの勉強の為、内勤ゆえの人慣れのなさを解消するため
三鷹で修行を開始しました。

昨年のこのブログで宣言した大ジャンプまではいかないかもしれませんが
少しは成長ができたのではないでしょうか・・・(とか言っていると三鷹の師匠に怒られそうですが)
引き続き今年は修行を続けつつ本業に生かしていきたいです!


最後に
10キロくらい痩せました!


痩せてもこれかよ!とかの意見を散々頂いており
まだ途中ですが・・・健康診断はパスできたので去年の目標はOKということで笑
今年は服を全部買い替えるくらい痩せれればと思ったりしてます笑
正月に少し太ったのでさっそくダイエット再開です・・・

今年はアウトプットする年にしていきます。
今年もよろしくお願いいたします。

アルトリヴェッロ 図師 康佑
スポンサーサイト
  1. 2017/01/05(木) 15:19:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渋谷 トラットリア アマルフィターナ お邪魔してきました!

内勤の図師です!

すっかり遅くなってしまいましたが
昨年12月に、社長のFBに上がってましたが
期待の新店舗 渋谷 アマルフィターナさんに社長とお邪魔しました!
DSC_0290.jpg

こちらのシェフ・中本さんは僕と同じ宮崎県出身の方で
地元に帰省しているときにお会いしたことがある方です。

お店のコンセプトは・・・

世界遺産イタリア・アマルフィ半島の魅力溢れる食文化をカジュアルに楽しんでもらいたいとのことで、
シェフの出身、宮崎の食材と新鮮な魚介類を生かしています。
更にアマルフィ半島のエリアはパスタが大変しっかりとしたアルデンテで、イタリアで1,2を争う美味しさ。
その本場仕立てのパスタを味わえるお店です!



まず頂いたのは前菜の盛り合わせ
DSC_0265.jpg

右手前に写っている鶏肉は宮崎県産の物を使用とのことです!
DSC_0266_20161228162408a25.jpg

続いてイカとエビのフリットミスト。
ぷりぷりのイカとエビがとても新鮮で美味しかったです!
DSC_0268.jpg
そして、お店の一押し うちわ海老のリングイネ。
絶妙なアルデンテで大満足です!
DSC_0278.jpg
宮崎県産まるみ豚肩ロースのグリル。
まるみ豚は宮崎県川南町のブランド豚で「愛・水・餌」に拘った飼育をされています。塩の加減が絶妙で頂いたワインとの相性も抜群でした!
DSC_0280.jpg
ドルチェも盛り合わせで!
DSC_0286.jpg

DSC_0291.jpg

アマルフィー半島の美味しさをアルトリヴェッロの地元でもある渋谷区から!
中本シェフはじめ、スタッフの皆様ありがとうございました!!
  1. 2016/12/28(水) 15:59:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■CHARITY ROSE 2016

!cid_957AE993-0078-4C0B-BF90-93E3C6D43E94_20160829150104679.jpg


2011年から続けておりますロゼワインによる東日本大震災の被災者支援
CHARITY ROSE
このたび、2016年1月~6月までの弊社ロゼワイン販売代金より、
¥148,257-を公益財団法人みちのく未来基金様に寄付させて頂きました。
全額を東日本大震災で親御さんを亡くされた震災遺児の為の進学支援のための
奨学金に使って頂きます。
長期にわたる支援が必要な案件です。
弊社としても出来る限り長期間、継続できるように努力して参ります。
引き続き、皆様のご協力をお願い致します。


CHARITY ROSEについて
www.altolivello.jp/pdf/charityrose201604.pdf
みちのく未来基金について
http://michinoku-mirai.org/


  1. 2016/08/29(月) 15:02:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月新着ワイン!!

酷暑が続く今日この頃ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか!?
こんな暑さも、たくさんイタリアワインを飲んで乗り切りましょう!!
勿論、水分補給も忘れずに!!

さて、先日にワイン雑誌WANDSにて
2016年上半期(1月~6月)のワイン輸入量(ケース換算)が発表されました。

ワインの総輸入量は1,040万ケースで前年対比でマイナス2.4%。
イタリアについては、前年対比91.4%と芳しくない状況ですが、
下半期にしっかりと巻き返しを図りたいところですね!!
その他の情報をご確認されるようでしたら参照ください。
http://wandsmagazine.jp/archives/1915

2016年の折り返しも早1ヵ月が経ちました。
イタリアワインの前年対比を超えることが出来るように、
新たなアイテムをご紹介させて頂きます!!

エレガント系ヴァリポリチェッラのコルテ・フィガレットからこの二種類です!!

☆コルテ・フィガレット・バッカ・ネラ2014
CF_Bacca Nera-mini
品種:下記参照
収穫:9月末
醸造方法:ステンレスタンクにて醗酵後、3ヵ月大樽熟成後、瓶熟。
参考小売価格:2,200円(税抜)
発売開始日:2016年8月15日前後

コルテ・フィガレットのカジュアルワインがいよいよリリース!!
使用品種はなんと11種類!!
コルヴィーナ/ロンディネッラ/モリナーラ/コルヴィノーネ/クロアティーナ
オゼレータ/トゥルケッタ/コルビナ/ネグラーラ/メルロー/カベルネ・ソーヴィニヨン
全て自社畑で栽培されるブドウのみをブレンドし造りだすワインは、チャーミングさのあるワインに仕上がっています。
酷暑の時期には、冷やして飲んで頂く事もオススメします!!

☆コルテ・フィガレット・アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ
  ヴァルパンテーナ・‟グラール“2012


CF_Amarone Graal



品種:コルヴィーナ主体/ロンディネッラ/モリナーラ/オゼレータ/コルヴィノーネ
   クロアティーナ/
収穫:10月上旬 その後120日間の陰干し
醸造方法:ステンレスタンク醗酵後、10hlの樽で30カ月熟成後、瓶熟
総生産量:700本のみ
輸入本数:120本のみ
参考小売価格:10,000円(税抜)
発売開始日:2016年8月20日前後

【究極のアマローネ!!】
糖度が最も高いブドウの『耳』の部分のみを選別してアマローネを作り出します。
ブドウの『耳』の部分は房全体の20%前後に過ぎず、更に陰干しすることで重さは55%にまで減ってしまうようです。
最高の畑で作らるブドウの最高の部分である『耳』のみを使用し、120間の陰干し機関を経て、
『究極のアマローネ』に仕上がっています!!

このワイナリーのラインナップを通じて言えることは、とにかくエレガント!!
お料理に寄り添うタイプのワインですので、幅広いニーズに合うワインかと思います!!
夏に濃いワインはいらないよ!!って方でも、このワインなら大丈夫!!

詳しい商品詳細は、各担当にお問合せ下さい!!
入荷限定本数を設定しております【アマローネ・グラール】につきましては、
在庫がなくなり次第終了となりますので、予めご了承ください。
ご予約は承りますので、お早めに!!
  1. 2016/07/31(日) 23:21:37|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S/S オススメワイン

ブログを更新するにあたり、
このたびの平成28年熊本地震により被災された皆さまへ心よりお見舞い申し上げます。
現地の皆様としては度重なる余震が続き不安な毎日を送られているとは思いますが
1日・1分・1秒でも早い復興をお祈りすると共に
自分達でも何かできることを考え、行動していきたいと思います。









さて、表題にもありますように早くも春(Spring)が訪れ、
夏(Summer)もチラッと顔をのぞかせるような気候となりました。
(S/Sと書くとアパレル業界のブログみたいですね。。。)
そんな時期にピッタリなアイテムがこちら


Kellerei Gries/"MAURACHER"Series

一昨年から取扱いを始めた『ケラーライ グリエス』
その中でもこの時期、現地でもテーブルワインとして楽しまれている”マウラヒェル”シリーズは
早くも弊社の中では春夏の定番となりつつあります。

・"MAURACHER"Pinot Bianco 2014

Ret pinot bianco

<ピノビアンコ100%>
透明感のあるレモンイエロー。香りはグレープフルーツ、早摘みレモンなどの柑橘類の中に
ディルなどのハーブのニュアンスがほんのりと感じ取れる。
ハッキリとした酸とクリアで瑞々しい果実感が口いっぱいに広がる。
山岳地帯の硬質なミネラルも感じられ、引きのいい清涼感が余韻を演出する。
グリルした春野菜(アスパラガス、スナップエンドウなど)や柑橘を使ったサラダなど。



・"MAURACHER HOF"St.MAGDALENER CLASSICO 2013/2014
Ret stmagdalener

〈スキアーヴァ90%、ラグライン10%〉
やや透き通ったルビーレッド。若々しいサクランボやイチゴのような香りの中に
若草のようなニュアンスが感じられる。
しなやかな酸とタンニンのバランスが心地よく、少し温度低めで提供するjことにより
その酸とタンニンが明るくなり、フレッシュな果実感も顔を出すようになる。
青魚(イワシ、アジなど)を使った料理、初ガツオのカルパッチョなどと。


春夏向けのワインには是非旬の食材を。
今日も日中春を通り越して夏を思わせるような湿気と気温ですが
美味しいワインと料理でしっかり栄養分とスタミナ補給!
今から夏バテ対策しましょう!






kanpei



  1. 2016/04/18(月) 13:32:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。