ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

◆歴史と個性に溢れた、世界を代表するマイナー火山地帯◆

◆歴史と個性に溢れた、世界を代表するマイナー火山地帯◆
      CAMPI FLEGREI CANTINE FARRO


2018001.jpg


またまた久しぶりの更新になってしまいましたが、季節ワインのご紹介です。
カンパニア州ナポリ県。世界中から観光客が集まるナポリのチェントロから10kmほど西方に在る半島。
西側に臨むプローチダ島も含めて、DOP カンピフレグレイと呼ばれます。
CAMPI FLEGREIは「火を噴く平野」を意味し、高い山は無いものの、海底と半島全体の地下に
マグマが広がる、火山性カルデラ盆地で、40,000年前から火山活動を繰り返す、
世界の火山学者が注目するSuper Vulcanoです。
ワインの栽培はギリシャ時代にさかのぼり、ローマ時代にはすでにワインの名産地として
観光名所になっていたというから驚きです。
Campi Flegreiの半島を航空写真で見ると、非常に面白く、


CAMPI-air_20180419163848a6a.jpg

半島に多くのカルデラ湖が存在するのが分かります。
Campi Flegreiでは、このカルデラの内部。湖の周りに畑があり、カルデラの
斜面に葡萄が植えられます。


IMG_6479.jpg

この写真だと、手前は湖で、奥はプローチダを望むティレニア海です。

Campi Flegreiの周りでは、今も火山活動は活発で、近くに在る有名なポッツォリと呼ばれる
硫黄の噴石場所があり、地元では「地獄への入り口」と呼ばれる非常に大きな
噴出孔が見えますが、少し前までは、ここでマッチの硫黄の部分の採取が行われていたそうです。

20 Giugno 2011 Campania 053-mini
ん~  、あ、、、まさに「地獄への入り口」

こんな土地なので、畑の土壌は、完全に火山灰。50,000年前から降り積もっている火山灰が
土壌を形成しています。


20 Giugno 2011 Campania 002
20 Giugno 2011 Campania 061-mini

ごらんのような、the 火山土壌が広がります。
そして、この火山の灰のおかけで、この地域には、フィロキセラが入ってくることが出来ず、
結果として、自根の葡萄が多く残る産地として、ヨーロッパの中でも有数のエリアです。

こんな個性豊かな地域で3代にわたりワインを作り続けるCANTINE FARRO
オーナーは、『ナポリの両さん』として、日本でもファンの多いワイナリーです。
20 Giugno 2011 Campania 017

作るワインは以下の4種類


CANTINE FARRO VINI



Screenshot-2018-4-20 Vini Farro

◇CAMPI FLEGREI FALANGHINA
ファッロの代表アイテム。ファランギーナフレグレア100%でフレッシュに仕上げられる塩気の強いすっきり白

◇CAMPI FLEGREI FALANGHINA LE CIGLIATE

カルデラの縁CIGLIANOと呼ばれる区画の樹齢100年近いファランギーナを用いた凝縮の高い白。

□CAMPI FLEGREI DEPIE ROSE
ピエディロッソを使った、恐ろしく(笑)塩気が強く辛口のロゼ。

◆CAMPI FLEGREI PIE DI ROSSO
赤い足を意味するピエディロッソ。うまみの成分たっぷりの軽やかな赤ワイン。

IMG_6428.jpg

IMG_6430.jpg

IMG_6484.jpg

IMG_6486_20180419164150b18.jpg

合わせるお料理も幅広いです。魚介を中心に、ハムやチーズなど。
いろいろなシーンで楽しめるワインたち。
是非、これから夏にかけて、楽しんでください!



スポンサーサイト
  1. 2018/04/21(土) 00:40:47|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SANGERVASIO JAPAN TOUR 2018


2月も終わりを迎えようとしていますが、
2018年一発目の生産者来日プロモーションのご案内です!
SGV2018_20180226180229aff.jpg



2年ぶりにトスカーナ州サンジェルヴァジオのルカ=トマジーニ氏が来日します!
今回は西日本を中心にプロモーションを展開しますのでお近くの方のご参加お待ちしております!!

SANGERVASIO JAPAN TOUR 2018 (3/5~3/10)


3月5日(月) 大阪 ウェルカムパーティー
         会場: 炭火焼イタリアンとワインバー ボスコリサイア(大阪府泉大津市旭町19-2)
       南海本線 泉大津駅真下 改札出て30秒
         開始時間:19:00~
         会費:\8,000-(税別)
        
        詳細はhttps://www.facebook.com/events/220796711798909/
         お問い合わせ・ご予約は0725-92-7373まで

3月6日(火) 広島 メーカーズディナー
         会場:TRATTORIA PIZZERIA polipo(広島県広島市中区東白島町20-5)  19:30~
         開始時間:19:00~
         会費:8,500   着席パーティー
        
         お問い合わせ・ご予約ははリカーミトモ:082-231-3380
                    モンキュール:082-233-0873(19時以降はこちらへ)

3月7日(水) 松江 飲食店向け試飲会
         会場:イタリア料理 Al SOLE(松江市朝日町489 三洋苑ビル1F)
         時間:14:00~16:00
         【お申し込み方法】
         以下のいずれかの方法でお申し込みください。
         ① サケパラ店頭にて
         ② Facebook イベントにて「参加」を押す
         https://www.facebook.com/events/2048472575429202/
         ③ メールフォーム 
          https://www.webpage21.jp/paradise-corporation/toiawase.cgi
         にてお名前、連絡先「3月7日(水) イタリアンレストランアルソーレでの業務試飲会希望」と明記してください。


3月8日(木) 大阪 業務向け試飲会 
         会場:北浜 GIOCARE DEL VINO 大阪市中央区高麗橋2-2-5小山ビルB1F
         時間:13:30~17:00
         詳細・お申し込みはhttp://www.altolivello.jp/pdf/20180308sangervasio-osaka.pdf



各地でルカ=トマジーニ氏と彼が生み出すコストパフォーマンスに優れたワイン達とお待ちしております!
  1. 2018/02/26(月) 18:03:59|
  2. 営業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

■CHARITY ROSE 2017 寄付のご報告

image1_20180215132141923.jpeg

CHARITY ROSE 2017 寄付のご報告

昨年2017年の7月から12月までのCHARITY ROSE 売上分を みちのく未来基金様に寄付させて頂きました。

2381本

¥100,421-


東日本大震災から間もなく7年。
風化する事の無いように、今後も、みちのく未来基金様を通じた
震災遺児の皆さんの進学支援にご協力させて頂きたいと思います。

今後とも、CHARITY ROSE へのご協力を賜りたく、宜しくお願い致します。

今年のCHATITY ROSE 内容はこちら。
http://www.altolivello.jp/pdf/charityrose2018.pdf


みちのく未来基金のホームページはこちら
head_logo_2018021513342949c.jpg
http://michinoku-mirai.org/
  1. 2018/02/15(木) 13:36:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FERROCINTO PROMOTION 2017 無事に終了いたしました。

21743141_1725640371075927_4684434241121852630_n.jpg


5カ月にわたるロングプロモーションも無事に終了。
詳しくは、FERROCINTO.JPにて。


http://www.ferrocinto.jp/article/456578396.html
  1. 2018/01/31(水) 19:35:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

EISACKTALER STRASSERHOF 2018

0222.jpg

STRASSERHOF

取り扱いが始まり3年。
イタリア最北の州、アルトアディジェの中でも限りなく北に位置するSTRASSERHOF。
標高700mと葡萄栽培の限界に近いところまで畑が展開されています。

まだまだ寒い日々が続いていますが
やがて迎える暖かい春へ向けて、寒さに耐えて芽吹く春野菜に合わせたい
STRASSERHOFのワインを改めてご紹介します。


・EISACKTALER SYLVANER
年産8000本。ステンレスタンクで醗酵、25%のみ大樽で7か月熟成。
ストラッセルホフの畑の中では一番樹齢が高く、古い区画は40年にもなる。砂質土壌、標高700mの畑の影響を受け、
酸とミネラルが特徴の繊細な味わいのワイン。
・EISACKTALER GRUNER VELTLINER
年産6000本。ステンレスタンクで醗酵、熟成。
オーストリアの土着品種。15年前から栽培しています。軽快で酸が中心となるワインが多いですが、
ストラッセルホフはそこに果実味が加わりバランスの取れたリッチな味わいに仕上がっています。
・EISACKTALER MULLER THURGAU
年産5000本。ステンレスタンクで醗酵、熟成。
リースリング種とマドレーヌ種の交配種。早熟な品種の為ドイツなどではデイリーワインとしての生産が多いですが
ストラッセルホフでは土壌の特徴を活かした豊かな酸と青りんごなどのニュアンスに溢れたワインとなります。
・EISACKTALER RIESLING
年産6000本。ステンレスタンクで醗酵、25%のみ大樽で7か月熟成。
近年の新しい試みとして始めたリースリング。樹齢10年ほどのレナーノから張りのある上質な酸が生まれます。
若いうちはその酸を生かした用途で、熟成に対するポテンシャルも兼ね備えます。
・EISACKTALER KERNER
年産15000本。ステンレスタンクで醗酵、熟成。
フェルトリーナーと並ぶストラッセルホフの人気シリーズ。この品種の概念が変わります。土壌由来のミネラルと
酸を活かしつつ、フルーティで厚みのあるボディを併せ持っており、粘性も高く高級感があります。
・EISACKTALER GEWURZ TRAMINER
年産4000本。ステンレスタンクで醗酵、熟成。
本来、ライチ、シトラスなど様々なブーケを持つ複雑性の特徴を持つゲヴェルツも、イザルコの特徴と相まって、
ややドライで全体のまとまりがある食前から食中に掛けて楽しめる1本になっています。僅か0.5haのみの生産です。
・EISACKTALER SYLVANER “AnJo”
年産1500本。ステンレスタンクで醗酵、20hlの樽で10か月熟成。
世界的評価の高いシルヴァーネルの最も樹齢の高い区画の葡萄をステンレスタンクで醗酵後、20hlの樽で10か月
熟成させます。両親の名前からAnJoと名付け、恵まれた土地を与えてくれたファミリーに捧げる感謝のワインです。


ヴァッレイザルコエリアに共通している標高の高さと砂質土壌からくる切れのある酸と硬質なミネラル。
そこにSTRASSERHOFのワインは高低差によって収穫時期をずらし葡萄の熟度の均一化する工夫を図り、
品種本来のピュアでクリーンなワインを造ります。
春野菜だけでなく、海産物(あさりやサザエなどの貝類)などに合わるなど、食事との関係性はまだまだ可能性を秘めています。

是非この機会にお試しください!


  1. 2018/01/23(火) 17:49:20|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ