FC2ブログ

ALTOLIVELLO スタッフBLOG

イタリアワイン専門インポーターALTOLIVELLOスタッフの日々の日常を綴るBLOGです。皆様に美味しいイタリアワインを飲んでいただく機会を増やすべく、日々営業中!

IL MONTUはTENUTE TONALINI へ!

banner2020.png

TENUTE TONALINI OLTREPO PAVESE

2014年より取り扱いが始まりましたロンバルディア州の南西部、オルトレポ・パヴェーゼの
IL MONTU(イル・モントゥ)。
2020年より新ブランドTENUTE TONALINIへと生まれ変わります!


新ワイナリー名のTONALINI、
そこにはファミリーの歴史が大きく関わります。

1865年にトナリーニ家の先祖であるトマーゾ氏がオルトレポ・パヴェーゼのモントゥベッカリアに葡萄畑を購入。
ここからワイン造りの歴史は始まりました。
1902年にはモントゥベッカリアの21軒の葡萄栽培農家がカンティーナを建設し協同組合としてのイル・モントゥが
始まります。大量生産の時代はバルクでイタリア各地へとワインを出荷していましたが、
90年代に入り、時代は量から質へと変わっていきます。
94年に現オーナーのファビオ=トナリーニ氏が主要な畑とワイナリーを買い取ります。
イル・モントゥはトナリーニ家の所有となり、クオリティワインを造るためのリノベーションが始まりました。
98年からはスプマンテ メトドクラシコの生産もスタート。世界生産量3位のピノネロ、そしてクロアティーナから造られる
ボナルダを中心に高品質ワインを新しくリリースします。
2007年にはオルトレポ・パヴェーゼ メトドクラシコがDOCGへと昇格。
2010年からはCRUのROSE、CRUASEが誕生するなど高品質ワインの生産地として世界から注文を浴び始めました。

そして、今年2020年。
この土地で葡萄作りを始めたトナリーニファミリーの先人たちへの感謝を形にし、
クオリティレンジをブランド化を明確にするため、上級ラインをテヌテ・トナリーニとしてリブランド。
ファビオ氏から3人の息子達へと受け継がれるであろう新しい時代へ向けて新たにスタートします。



★TENUTE TONALINIのワイン★
TONALINIVINI.jpg


◆SPUMANTE METODO CLASSICO VSQ
・BLANC DE NOIR METODO CLASSICO BRUT

・ROSE DE NOIR METODO CLASSICO BRUT

◆DOCG OLTREPO PAVESE METODO CLASSICO
・MILLESIMATO OLTREPO PAVESE METODO CLASSICO DOCG BRUT

・CRUASE OLTREPO PAVESE METODO CLASSICO DOCG BRUT

◆BIANCHI
・OLTREPO PAVESE DOC PINOT NERO VINIFICATO IN BIANCO FRIZZANTE

・SOLE DEL MATTINO PROVINCIA DI PAVIA BIANCO IGT

◆ROSSI
・MAFALDA BONARDA VINO FRIZZANTE DELL'OLTREPO PAVESE DOC

・BARONE PINOT NERO DELL'OLTREPO PAVESE DOC

・TOMASO PROVINCIA DI PAVIA ROSSO IGT



TENUTE TONALINIをよろしくお願いします!!

001.jpg
スポンサーサイト



  1. 2020/02/17(月) 16:13:22|
  2. ワイン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪解けの南チロル STRASERHOF EISACKTAL

無題

STRASSERHOF EISACKTALER 

2020年も気が付けば半月が経ち、BLOGもほったらかし状態でしたが、
改めて、今年もよろしくお願いいたします。
新年1発目のご案内は、イタリア最北のワイン産地。アルトアディジェ・ヴァッレイザルコから
STRASSERHOFの新入りをご紹介します。

STRASSERHOF EISACKTALER SAUVIGNON 2018
こちら、今年からリリースされたソーヴィニヨン。
ノヴァチェッラの彼らの区画に2013年に植えたという完全に新しいプロジェクトです。
おそらく、緯度的にイタリア最北のソーヴィニヨンといえるでしょう。
畑の海抜は700m以上。石灰をベースにした白い土壌が特徴。
香りはしっかりと乗っていますが、飲むとSTRASSERHOFの特徴である
酸のシャープさ、果実のヴォリュームが上品に楽しめます。
今回240本の限定輸入です。

STRASSERHOF EISACKTALERGEWÜRZTRAMINER 2018

こちらも同地域で取れるゲヴルツトラミネールですが、実に2年ぶりのリリース。
実は2017年は、遅霜の仕業で、すべての芽がやられてしまいました。
2018年も5月に遅霜の恐れがありましたが、STRASSERHOFをはじめ、
ノヴァチェッラの農家たちは、夜通し、葡萄の木にランタンをともし、
芽が凍るのを防ぎました。(写真下)
ゲヴルツも特徴的なライチの香りは在りながら、シャープで切れのある味わいが
食欲をそそります。

!cid_16f8844a0d5fcbaa5281.jpg

上記2本は2018ヴィンテージですが、その他のSTRAERHOFは、輸入後最低1年間は瓶熟された
ワインを提供しております。

EISACKTALER SYLVANER 2017
EISACKTALER VELTLINER 2017
EISACKTALER MULLER THRUGAU 2016
EISACLTALER KERNER 2017
EISACKTALER SYLVANER ANJO 2015


ご興味ある皆様、是非、お問い合わせくださいませ。

38204117_1759606120797910_4583948973600931840_n_20200122161119003.jpg

38128372_1759606174131238_5592188698046234624_n_202001221608262f0.jpg




61815674_1131509443718200_2371319622432456704_n.jpg






































  1. 2020/01/22(水) 16:12:51|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

◆2019年 ありがとうございました

20191228.jpg

人生で2回目の改元を迎えた今年も終わろうとしています。
会社の設立から12年が経ち、干支も一周しました。
12年前はまさに成長分野であったイタリアワインの業界も、
一定の成熟を見せ、
成長という意味では踊り場的な局面になってきた感もあると
この数年実感しています。
日本人の酒類の趣向は多様化し、お酒を飲まない。という
選択をする人たちも増えてきました。
世界中のワインが輸入されている日本は、
一見、ワイン先進国であるような印象も受けます。
しかし、新し物好きな日本人にとって、一過性のブームは
良くあること。
ブームとしてワインを知ってもらったうえで、
もっと楽しく、もっと身近に感じてもらい、イタリアワインの
奥行きを提案できるように、我々も取り組んでいきたいと思います。
景気や、世相に左右されるのはどの業界も同じこと。
継続して現地の情報を供給し、イタリア各地に根付いたワインを
その土地のエピソードとともに紹介していきたいと思います。
今年一年、たくさんの皆様に支えていただきました。
皆様も、良いお年をお迎えください。

株式会社アルトリヴェッロ
伊東 長敏
  1. 2019/12/31(火) 15:00:00|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2019/2020 年末年始の営業予定

201912-202001.jpg


今年も残り1か月。
気温もぐっと下がり始め
令和最初の年も終わりを迎えようとしています。

今日からオルマンニのディレクター・ロッコ=ジョルジョ氏も来日!
アルトリヴェッロも年末に向けてスパートです!

そんなタイミングですが、
アルトリヴェッロの年末年始の営業予定をお知らせいたします。

nenmatsunenshi2019-2020_20191127142938bb2.jpg


昨年に続き今年もカレンダーの都合でお休みの期間が長くなります。
荷物の集中で遅延発生の可能性がかなり高くなることが予想されます。

早めのご注文をお待ちしております!

  1. 2019/11/27(水) 14:43:32|
  2. ALTOLIVELLO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ORMANNI JAPAN TOUR 2019

アルトリヴェッロ生産者来日ツアー!

ormanni_logo_mini.png

2019年2件目の来日ワイナリーは
2018年に創立200周年を迎えたキアンティクラシコの老舗ワイナリー
FATTORIA ORMANNI!!

今回、現場の責任者を務めるロッコ=ジョルジョ氏が2年ぶりに来日します!


18839139_1328969737194886_7346553429733372105_n_2019112014544467f.jpg
※ロッコ=ジョルジョ氏

今回は東京では来日セミナーを兼ねた試飲会と東京と大阪でのワイン会を開催します!

以下、スケジュールです!
今は亡きジュリオ=ガンベッリ氏も認めたポテンシャルの高さを持つORMANNI、
弟子であるパオロ=サルヴィ氏と共にワイナリー改革を進めるロッコ氏が
ORMANNIの現在とキアンティクラシコの今とこれからを語ります。
各所でのイベントへのご参加お待ちしております!


★試飲会
東京・恵比寿試飲会
日時:11/28(木) 14:00~17:00
会場:恵比寿アッカ

内容:オルマンニの全アイテム、年末向けのリッチなアイテムなど全30種類。

※申込制につき必ずお申し込みをお願い致します。
お申し込みが無い方は入場料として1000円頂いておりますのでご了承ください。
※業務向けの試飲会の為一般のお客様のご参加はお断りしております。
※お酒の試飲会の為車でのご来場はお断りしております。


★お申し込みはfacebookイベントページもしくはFAX、メールで承ります。
FAX:03-5428-3132
Mail:info@altolivello.jp


★イベント

横浜・馬車道
日時:11/27(木) 18:00~
ロッコ氏は19時くらいまで滞在予定

場所:IL CALICE
〒231-0013 横浜市中区住吉町4-46
みなとみらい線5番出口 徒歩3分
JR根岸線 関内駅北口 徒歩4分
地下鉄関内駅 9番出口 徒歩1分

内容:無料試飲&即売会
ロッコ氏によるセミナーを受けながらオルマンニのワインを試飲していただけます。
気に入ったワインはその場で購入可能!
購入特典もありますよ~!


東京・恵比寿
日時:11/28(木) 19:00~
会場:恵比寿アッカ
会費:8,500円
内容:ORMANNIのワインとビュッフェスタイルのお料理。
ロッコ氏の説明を闘うワイン商・川頭夫妻による通訳で
ワインとお料理をお楽しみ頂けます。

※お申し込みはinfo@altolivello.jpまで。




大阪・本町
日時:12/3(火) 19:00~21:30
※19時前頃にロッコ氏登場する予定にしております。

会場:ヴィネリア・ヴィア・ヴィーノ vineria via vino
〒541-0053
大阪市中央区本町4丁目8-6
TEL:06-6245-6008
お店の場所の問い合わせは上記の番号にお願いします。

イベント内容
今回は、オープンのイベントとしてどなたでも一杯から楽しんで
頂いて、生産者と触れ合う機会となればと思っております。
1杯だけでもフラッと立ち寄っていただく感じでも◎
ロッコさんと話をして、ゆっくり飲むのも◎
キャンティ・クラシコは全てサンジョヴェーゼ100%
のワインとなっておりますので、違いを感じながら
ロッコさんに沢山質問してください!!


詳細・お申し込み:https://www.facebook.com/events/760489024468590/

どなたでもご参加可能です。お気軽に一杯から!詳細につきましては上記URLよりご確認ください。


今年も残り約1か月!
ロッコ氏と楽しい1夜を過ごしましょう!

皆様のご参加お待ちしております!


39846797_1170878379727206_9168092711083835392_n.jpg
  1. 2019/11/20(水) 15:03:54|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ